木曜日の動静

タブーなしの報道めざす『発禁新聞』がはじまる

 紙媒体にとって生き残るのが苦しいこの時代に、新しい新聞が発行されることになった。その名も「発禁新聞」。4月11日に創刊されたA4サイズのかわら版は、デジタル時代に生じる情報格差をなくす試みとして注目されている。
 インターネットを介して情報が氾濫する時代であるがゆえに、地方に居住していたり、高齢であったり、またはネットやSMSが苦手とすると、必要な情報にアクセスできない場合がある。その格差を解消するために立ちあがった『発禁新聞』だが、主流メディアで直面する“報道できない/しづらい話題”についてもタブーなしで報道することを主旨としている。
 呼びかけ人は、経済学者の金子勝さんや精神医学者の香山リカさん、環境ジャーナリストのアイリーン・美緒子・スミスさんなど。昨年12月の衆議院選挙の結果を受けて、「これではヤバい」という危機感を抱いたことがきっかけだという。
 1部200円で販売されるが、ビッグイシュー形式で、市民がキオスク拠点となっての全国配布を目指す。毎週金曜日発行。ラジオ・テレビ欄には、「レイバーネットTV」をはじめ独立系インターネットテレビやインターネットラジオの番組が紹介されている。最新号(4月25日付・写真)には、TPP日本参加について金子勝さんが執筆した記事や、新大久保での反韓デモ、生活保護についての記事などが掲載されている。
 購入希望者は発禁新聞編集部(TEL03-5466-1704 FAX03-5465-1714)へ。10部購入(1200円)して、1部200円で販売すると800円稼げる仕組みになっている。

レイバーネット
金子センセって、日曜の朝っぱらからTVで言いたいこと言ってるひとでしょ。
香山センセだって相当メディアに露出してらっしゃる。本だって売れてる。
それでもまだ伝わっていないのですって。貪欲なのか鈍感なのか。
ご自身のお考えが一般常識からややずれている、という潔さが無い。
というか政治家ではないのだから、選挙結果に危機感を抱く必要ない。
どうせなら出馬して見事に落選してから「有権者に伝わらなかった」と嘆けばいい。

軽々しく「ビッグイシュー形式」とか言ってるけど、そのビッグイシューを1冊売るのに我々スタッフがどれほどの手間をかけているか。
香山センセなんてビッグイシューに寄稿してるのだからわかりそうなもの。にほんブログ村 経営ブログ 二代目社長へ
早朝 座禅。
午前 会議。技術顧問。
お昼 ビッセのスナッフルスで期間限定カブトのカスタードカップケーキ。
午後 まちづくり会社。ビッグイシュー地下歩行空間ブース。
帰社。ISO打合せ。

[PR]
by top_of_kaisya | 2013-05-02 18:12 | 社長の孤独な仕事 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://syachou.exblog.jp/tb/19979079
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by くーちゃん at 2013-05-02 22:39 x
今日のブログ拝見しました。
私 謝らなくては、 すいません(>_<)
「ビッグイシュー」の新聞 ?
かなり手間がかかってるみたいですね。

内容も知らなく…
外見見ての判断力で~購入出来なかった自分が恥ずかしいです(>_<)
次回は是非とも一度拝見したいですね。
Commented by top_of_kaisya at 2013-05-02 22:56
ん?この新聞は全然関係無いですよ~