火曜日の動静

被爆再現の人形撤去へ

被爆者の証言を基に作られた人形を見る来館者
 広島市は14日、原爆資料館(中区)に展示している、やけどを負った被爆者の姿を再現したプラスチック人形を2016年度にも撤去する方針を示した。館内の展示を遺品などの実物資料に切り替える見直しに合わせる。印象が強く、広く知られた人形の撤去について、来館者たちの受け止めが分かれた。

 人形は女性、女学生、男児を模した3体。焼けただれた皮膚で、がれきの中をさまよう。先代のろう人形を1973年から展示し、91年に現在の人形に替えた。
 この日、市議会予算特別委員会で議題に上った。委員の一人が「旅行代理店のアンケートに、人形が怖いとの意見があった」と指摘。石田芳文・被爆体験継承担当課長は「本館リニューアル後は、展示しない方向で検討している」と述べた。本館は16~17年度に改修を計画している。
 撤去方針の背景には、館内の展示見直しを議論してきた有識者の検討委員会が2010年にまとめた基本方針がある。被爆者の遺品や瓦など実物の展示を重視する内容で、具体的な展示プランは今月中に決める。
 平和学習に訪れた広島の子どもが後々まで、人形に脅えた経験を語る姿は珍しくない。14日に訪れた埼玉県所沢市の中里三代子さん(77)は「被爆の実態を伝えるためには、この人形は必要だ」と撤去を惜しむ。山梨県都留市の大学生東将太郎さん(19)は「写真や遺品など実物の方が胸に迫る。作り物はいらない」と話していた。

【15日付 中国新聞】
母方の祖父が原爆で亡くなっているので幼少の頃連れて行ってもらいましたが、確かに子供には恐ろしい人形でした。
でも恐ろしさを伝える施設なのだから、怖いから撤去というのもなぁ。

そして相変わらずこういうニュースを、道新は伝えてくれない。
紙媒体が優れていると自画自賛しても、ネットで知るニュースの方が多いし有用。
憲法9条を守る会がいつどこで開かれるかを知りたがる道民が、どれくらいいるのかね。にほんブログ村 経営ブログ 二代目社長へ
早朝 座禅。
午前 会長。会議。
お昼 パークホテル。ビッグイシューさっぽろ事務所。
午後 ビッグイシュー地下歩行空間ブース。
帰社。
[PR]
by top_of_kaisya | 2013-03-19 14:53 | 社長の孤独な仕事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://syachou.exblog.jp/tb/19695978
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。