金曜日の動静

 清々(すがすが)しい思いでその場面を見た。28日、東京競馬場で行われた秋の天皇賞の後のことだ。エイシンフラッシュ号でレースを制したミルコ・デムーロ騎手が正面スタンド前で馬を下りた。芝に片ひざをつき、貴賓室の天皇、皇后両陛下に深々と頭を下げたのだ。

 ▼デムーロ騎手はイタリア人である。日本でも大活躍していることは競馬ファンなら誰でも知っている。極めて真面目な親日家なのだそうだ。それにしても、勝利の興奮の中でも両陛下への礼節を忘れないその所作に、こちらが頭を下げたくなった。

 ▼それで思い出したのは、9月に開かれたあるパーティーの席だ。乾杯役をつとめたのは、英国人ジャーナリスト、ヘンリー・ストークス氏だった。英語で日英の近代史などについて語った後、日本語でこう「音頭」をとった。「天皇陛下バンザイ!」。

 ▼ストークス氏は長くタイムズ紙東京支局長などをつとめた。三島由紀夫と最も親しかった外国特派員としても知られる。日本文化に造詣が深いジャーナリストの思いがけぬ「音頭」だった。会場がいっぺんになごやかな空気に包まれたことは言うまでもない。

 ▼デムーロ騎手にしてもストークス氏にしても自然な形で、両陛下に敬愛の念を示した。それぞれの母国の精神風土がもつ懐の深さだろう。大統領が天皇陛下に謝罪を求めたり、日本文化を理解せず靖国神社参拝を非難したりする。そんな近隣諸国とは雲泥の差がある。

 ▼もっとも逆の立場で、日本人が他国の国王や女王に礼を失せずにすませるのか気になる。教育現場では相変わらず国旗、国歌を無視する教師があとを絶たない。しかも一部のマスコミがこれをあおるようなら、いささか心もとない。

【産経抄 10月31日】
にほんブログ村 経営ブログ 二代目社長へ勇み足が時々指摘される産経ですが、読売や共同が誤報続きだと影が薄くなります(笑)
それにしてもこういう話を1面に載せられる媒体は、貴重。

「北海道を元気にしよう!」というフレーズが、経営者の勉強会から怪しい自己啓発セミナーまで流行ってます。
個人的には「感動をもらった」「勇気をくれた」並みに違和感がありますがさておき。
道新がこういう話題を取り上げるようになれば、北海道もよくなるよきっと。
午前 会長。会議だらけ。
午後 FB友達からいただいた「畳小町」。
さっそく飾ってみました。
朝から苫小牧へ行っていた会長が買ってきたマザーズのシュークリームと、Syuooでランチ後に椙谷さんからもらった八ツ橋、町村農場のドーナツの残りに、お客さんのおみやげのYOKU MOKU
畳が全然生かされない…アレンジにセンスが無い…
  会食(はるや)。
[PR]
by top_of_kaisya | 2012-11-02 18:12 | 社長の孤独な仕事 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://syachou.exblog.jp/tb/18631070
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by eriko at 2012-11-03 04:12 x
おお~~。畳の精神(?)忘れちゃ~ならんね。
抹茶一服のシンプルさが好いのでしょうが、多すぎるのかな・・・?さてどうなる、日本人の精神・・・。

新聞それぞれですが、それ故に・・・ですね。
Commented by top_of_kaisya at 2012-11-03 09:56
今の道民に欠けている視点がこれです…どう思うかは別にしても提起さえしない、報じさえしない道新は、考えて欲しいなぁ~と。

この畳、オススメです(^.^)
Commented by gab at 2012-11-08 22:45 x
美しい姿でした。

ミルコのこの礼節をわきまえた行動は、
競馬ルール的には、失格×だそうで。
「レース後は不良の事以外で下馬してはならぬ」とか。
しかし、JRAは不問にした!と、ここにも、ハラショーポイント♪
をさしあげたい。でございます。
Commented by top_of_kaisya at 2012-11-08 23:23
おぉ!そのJRA話もまた嬉しい!(^.^)