月曜日の動静/「G8メディアネットワーク2008報告書」届きました

c0032392_1794689.jpg

「G8メディアネットワーク2008報告書」がようやく届きました。
当時の経緯は、こちらに。3年経つと、懐かしい。

c0032392_17142963.jpg

こういう座談会でも弊社の事情が触れられています(笑)

c0032392_176842.jpg
ちゃんとした冊子に綴じられています。
中にはコラム的に、私のインタビューも(笑)
校正用のため事前に送られてきた原稿をもとに、テキストファイルは下段で御紹介。にほんブログ村 経営ブログ 二代目社長へ
【土曜日】
午後、出社。

【日曜日】
お昼、市政関係の昼食会(宮乃森)。
午後、出社。
夕方、agogさん。
午前 来客。参事。銀行。測友会。市の出先。帰社。
お昼 カフェ エストラーダでランチ。さつまいもプリン。
午後 第一ホテル。市の出先。帰社。技術部。会長。
六花亭の季節商品「七夕さま」。抹茶ときな粉。
営業本部長。
夕方 営業本部長。




CMC西18丁目の大家さんはこんな人:
北海航測株式会社 代表取締役社長 矢橋潤一郎さんの横顔

<<簗瀬さん撮影の写真入れる>>

 CMC札幌のクローズも間近に迫ったインタビュー当日、社名からして堅そうだし、歴史のありそうな会社の社長さんだからと、かなりご年配の方にお目にかかるものと勝手に思い込んでいたら、どっこい。出迎えてくださったのは、濃紺のスーツに赤のネクタイでバシッとキメた、にこやか&さわやかで、立ち居振る舞いも好感度大の、文字通りの青年社長。撮影もお願いしていたとはいえ、この気合の入れようには正直なところ少々たじろいだ(が、後日、ご本人のブログで同日午後にお見合いだったことを知る。やっぱりね)。
 市民メディアセンターの設置は日本で初めての試みであり、その活動の意義が一般に認知されているとはいいがたいなか、そんな団体に自社ビルの空きフロアを貸してくれる会社というのは、かなり奇特な存在ではないか?そういう会社のトップは相当、懐が深いんじゃないだろうか?と興味をそそり、取材をお願いしたワケですが、かくして、ワタクシの読みはあたっておりました。というか、思った以上に意識の高いお方でありました。
 何しろ、子どもの頃に見たテレビドキュメンタリーで寄せ場に寄せられ、釜が崎について調べたくて大阪市立大学へ進学。釜が崎でフィールドワークを重ね、卒論テーマは「寄せ場としての釜が崎」だった。
 現在は会社経営の傍ら、ビッグイシューさっぽろの副代表を務めるなど、ボランティア活動にも積極的に関わる。単なる名前貸しではなく、新規販売者の最初の数日は一緒に宣伝しながら売ったり、販売場所確保のために警察や行政との話し合いに出向いたりと、実質的に動いている。
 学生時代はボランティアをしていても、社会人になると仕事が忙しく、やめてしまう人も少なくない。ましてや矢橋氏は、会社経営者という重責を負う立場。社会人、経営者としての社会貢献について、どのように思っているのだろうか。
 「経営者として、常々CSRを意識してはいます。ただ、我々中小企業ができるのはひじょうに小さいことですし、ましてや札幌、北海道自体は今、景気も悪いので、あまり積極的に貢献、貢献というと、自分の仕事はどうなんだという話になってしまいます。それでも、身の丈に合ったことはやっていきたいと私個人では思っているんですね。自分の負担にならない範囲で、何か役に立てること、できることがあればやっていきたいというのが私の考え方です」
 日ごろからこのような考えをお持ちであるところに、ちょうど自社ビルに空きができたことや、CMC札幌実行委員会代表の滝口さんがビッグイシューさっぽろの手伝いを熱心にしていた縁もあって、CMCのために相場の3分の2という割引価格で空きフロアを提供していただけたのだった。CMCに貸し出すにあたって一番心配していたのは近隣住民からの苦情だったそうだが、それは一切なかったようで、よかったよかった。
 市民メディアに関しては、「運動といったものにはあまり興味がないものですから」と、意外にクールに距離を保つ一方、オーマイニュースに北海道の経済事情などについて70本以上も記事を投稿する(2008年7月現在)など、自身が立派な市民記者でもある。
 その後オーマイニュースは閉鎖してしまったが、ブログ「別冊 社内報」(http://syachou.exblog.jp/)で情報発信を続けている。ほぼ毎日更新されている同ブログには時折、G8メディアネットワークの関係者も心して聞くべきメディア批判も載る。大学卒業後に新聞社で働いていたこともあるせいか、なかなか的確で手厳しいのだ。かなりの映画好き、本好きであることもうかがえ、「映画」「読後感」項目の記事は特に楽しい(自分が見たのとかぶっている映画の話などがけっこうあって、単に個人的に嗜好が似ているせいかもしれないけど…)。小学生時代から茶道を習い、出勤前にお寺で早朝座禅を組むなど、日本文化に親しむ一面ももつ。41歳、独身だそうです。

[PR]
by top_of_kaisya | 2011-07-04 18:48 | 社長の孤独な仕事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://syachou.exblog.jp/tb/16554963
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。