金曜日の動静/森林土木設計協会総会

津波予測図 作成は半数 道内沿岸81市町村 危機意識に差

 東日本大震災を受け津波対策の練り直しが急がれる中、海岸線のある道内81市町村のうち、国が作成を求めている「津波ハザードマップ(災害予測地図)」を公表しているのは42市町村しかないことが分かった。マップは避難の基礎情報となり、津波対策に欠かせない。自治体の備えの有無は住民の防災意識にも大きな影響を与えている。

北海道新聞
同紙の1月の記事にもこのことについて記載いただきましたが、当社の航空レーザはこういうときにお役立ていただけます。
高さデータを取得し、3Dでの閲覧が可能なので、推測水位による被害予想地域もわかりやすく表現できます。にほんブログ村 経営ブログ 二代目社長へ
午前 会長。
お昼 ビッグイシュー ジュンク堂前。
午後 北海道森林土木設計協会 総会(ガーデンパレス)。
夕方 続いて懇親会。
  帰社。
 
[PR]
by top_of_kaisya | 2011-04-08 18:03 | 社長の孤独な仕事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://syachou.exblog.jp/tb/16161088
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。