水曜日の動静

11日付 産経新聞企業も後押し「プロボノ」参加
 民間社員のボランティア

 コンピューター企業のソフト開発、金融機関の財務管理…。民間企業の社員が仕事で培った経験や知識を生かし、NPO(民間非営利団体)などを支援するボランティア活動「プロボノ」が浸透してきた。利益ばかりを追求する働き方を見直す機運の高まりなどが背景にある。企業が組織的に後押しする動きも出ており、社会貢献活動の新しい形として認識され始めた。
プロボノは「2000年代以降、欧米で広がった」そうです。
つまりここ10年程度の話。
私が携わるロータリークラブは、1905年2月23日から。つまり今日で106年。
「社会貢献活動の新しい形」といわれても、同じようなことを100年前からやってるわけです。にほんブログ村 経営ブログ 二代目社長へ
午前 会長。測量会館。測友会。
お昼 帰社。
午後 来客相次ぐ。
  いま家さん。
[PR]
by top_of_kaisya | 2011-02-23 19:00 | 社長の孤独な仕事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://syachou.exblog.jp/tb/15963024
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。