木曜日の動静

2月5日付 北海道新聞道内企業社長 平均60歳に
 前年より1カ月高齢化 後継者不足浮き彫り

 帝国データバンク札幌支店が4日まとめた「北海道内企業の社長分析」によると、2010年末時点の個人経営を含む道内企業の社長5万9963人の平均年齢は、前年の59歳11カ月に比べて1カ月高齢化し初めて60歳に達した。一方、1年間に社長が交代した割合は前年比0.27ポイント低下し2.37%となり、後継者不足で世代交代や事業継承が進まない実態が浮き彫りとなった。
 同支店は「調査開始の1997年末(57歳3カ月)より前は、さらに若かったと考えられるため、最高齢といえる」としている。
平均還暦のなかで「後厄がようやく終わりまして」なんてネタ振りは、「所詮は若造」の再認識を促すだけ。

60歳なら、まだ意識がしっかりしている。
80歳に近くなると、ボケたフリが許される。
確認を繰り返しても、最後は「聞いてない」の一言でチャラにできる。
逆に、言ってもいないことを言ったことにできる。虚言さえ自由自在。

似たようなのが、留学生。
日本語を理解していても、「ワカリマセン」で許される。
年寄と共通するのは、弱者面。

80代の年寄は、我々40代がいてこその平均60歳。
明治維新を勝ち抜いてきた経験談なら、聞いてやる。
戦後の貧しさは、右肩上がりの経済成長を享受した。
右肩下がって貧しい現在に、経験をもとに助言できる年寄は、近所にはいない。
談合やって、贈収賄繰り返してウハウハしてた年寄の経営論は、老人介護という側面なら聞いてもよい。にほんブログ村 経営ブログ 二代目社長へ
午前 業務本部長。ビッグイシュー卸。
お昼 ロータリークラブ例会。本日の講話は円山動物園の園長。
午後 市内回り。帰社。来客。決算手続き。
夕方 ビッグイシュー大通地下販売ブース。
  会食(KOPITIAM)。
 
[PR]
by top_of_kaisya | 2011-02-17 18:01 | 社長の孤独な仕事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://syachou.exblog.jp/tb/15933223
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。