年始の過ごし方

【元旦】
朝8時半、実家へ行く途中、会社の前を通ると、駐車場にパトカー2台と警備会社の車が。
通用口に警官4,5人と警備会社の方がふたり。聞くと、不審者の侵入した形跡があるとのこと。
一旦現場を離れ、会長を伴い社内の確認。

17時半、会社駐車場通路に見なれぬ車。
今朝のこともあるため、通報。警察がナンバーから照合、近くに持ち主がいるところまでつきとめてくれた。現れたのは、若いおねぇちゃん。裏のマンションに遊びに行ってたと。何故他人の土地に勝手に停められるのか…

夜、実家。

【2日】
午後、出社。警備会社の方から昨日の侵入者について説明を受ける。
夕方、ビッグイシュー大通地下販売ブース。
初売りで買物途中の知人を発見、購入いただく。
夜、高校陸上部OB新年会庄屋)。

【3日】
午後、出社。
夕方、年始。にほんブログ村 経営ブログ 二代目社長へ
午前 会長。社員のみなさん。年頭の訓辞。挨拶回り打合せ。銀行。帰社。ビッグイシュー初卸。開発局。
午後 旧土現、札幌開発建設部ほか。帰社。技術部で年始打合せ。技術部長。統括部長。会長。



年頭の訓辞(要旨)
あけましておめでとうございます。

年末は消極的な話で〆ました。年のはじめは前向きな話で。

昨年、当社は公共測量品質管理優秀賞を受賞しました。
元々技術力はもちろん、工程管理における客先への細かい報告について高く評価いただいてきました。
この賞で、それがさらに裏付けられました。

昨年後半は、下川町の航空レーザデータ取得と加工について、業界紙で取り上げてもらいました。
品質管理優秀賞の受賞が報じられたときもそうでしたが、当社の動向がニュースになると、発注者や同業他社からお祝いの言葉をかけられます。
特に他社の場合、羨望に終わらず、自社もどうしたら現状を打破できるかの参考にされているように感じます。

逆に協会などで古きよき時代を懐かしんでいる方々は、新しい技術などに関心がありません。

当社は、我々ができることの発信と同時に、他社の動きにも関心を持ち、さらに技術力・PR力を磨きたいものです。

年末、道新が取材に来てくれました。
専門紙とは視点が違います。航空レーザ技術を興味深く見入ってくれた専門紙の記者さんたちと異なり、一般紙は「それでこれが地域住民にどう役立つの?」と質問をたたみ掛けます。
元来が受注産業です。
仕様書に合わせて、精度の高い成果品を納めることをゴールとしてきました。
今後は、さらにそれがどのように活用できるのか、まで考えてみると、新たな展開が生まれるのではないかと。

まずは今年も事故・病気の無きよう。

[PR]
by top_of_kaisya | 2011-01-04 18:38 | 社長の孤独な仕事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://syachou.exblog.jp/tb/15713930
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。