木曜日の動静


ガス設備安全点検をしたい、との北ガスからの文書がマンション内で配布された。
訪問予定日時があって、その日、その2時間は部屋にいてください、と。

2時間の幅を持たせているのは、まだマシかもしれない。
この手の立会い、以前は午前中部屋でお待ちください、くらいは平気で言ってきた。

その年までひとり暮らしを貫いてるおたくが悪い、日中留守番している奥さんがいるのが常識、と責められているような。それほど平気な顔で、午前か午後かの二択を迫る。
センギョーシュフなんて業種は、10年ほど前から廃止になったかと。

このご時世、奥さんも働いている家庭は多い。好んで仕事をしたい方もいれば、家計のためも。
平日昼前に2時間、自宅で待ってろ、という訪問方法が現代に適しているのか。
そのために仕事の半休を余儀なくされる顧客の立場を考えているのか。
北ガスのように余裕のある会社にお勤めだと、世間の動きに疎くなるのか。

日程変更の相談に応じる問合せ先が記載されているので、聞いてみる。
話が伝わらない。
こちらはいらつく、北ガス建設の電話口のおねぇさんにもいらつきが伝播する。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ最後はおねぇさん、逆ギレ気味に終了。
午前 統括部長。
お昼 ロータリークラブ例会。
午後 帰社。技術部長。
  ロータリーの委員会(結城)。
[PR]
by top_of_kaisya | 2010-10-21 18:49 | 社長の孤独な仕事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://syachou.exblog.jp/tb/15326843
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。