木曜日の動静

 前々からとても気になっている言葉がある。メディアで頻繁に使われる「この国」という言葉だ。
 「この国は一体どうなっているのか」「この国を考える」「この国を守る」「この国を変える」…。使われる場面はさまざまだが、ほとんどが世を憂いて嘆き、警鐘を鳴らす場面だ。

(中略)

産経新聞 昨日付「from Editor」 「この国」か「わが国」か。これは発言者の国や国家に対する根本的な態度や姿勢を見極めるひとつの指標になり得る。言葉が思考を規定するからである。
立ち位置について。
いぬ会社DS サイバーフロント身近なところでは「当社」をどう呼ぶか。かしこまって「弊社」。「我が社」もあるし、「ウチ」というのも気持ちは伝わる。
中途入社の部長は、最後まで「ほっかいさん」と呼び続けた。そう呼んでいたクセが残っていたのだろう。が、今いる会社のためになることを考えていれば、その呼び方は変わるものかと。1年程度で。第三者的な、悪く言えば他人事のような仕事っぷりは、辞めるまで変わらなかった。
就職活動では、訪問先を「御社」と呼ぶよう躾けられた。しかし、実際にそう呼ぶ社会人は、少ない。
提案営業に来られる方は、当社を「当社」と呼ぶ。「このシステムを導入いただければ、当社の利益は大幅アップ!」。てっきり、うっかり心中を漏らしたのかと。当社のため、親身になってますよ、という技術。では自身の会社は「当社」ではないのか、というと「私共」などと。
ややこしい。にほんブログ村 経営ブログ 二代目社長へ
早朝 座禅。
午前 統括部長。会長関係。ビッグイシュー卸。
お昼 ロータリークラブ例会。
午後 帰社。雑務。
夕方 ビッグイシューを受け取り、シアターキノへお届け、集金。
  若力会 役員会十方夷第 都ビル店)。
 
[PR]
by top_of_kaisya | 2010-10-14 18:51 | 社長の孤独な仕事 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://syachou.exblog.jp/tb/15289007
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by eriko at 2010-10-15 12:19 x
本当にここは面白い文面をお書きになる。突っ込みどころが最高ですね。「提案営業・・・云々」の文面は、自分で声を出して読みながら笑ってしまった。
真剣な眼差しで営業を続ける相手の話を聞きながら、チルドレン・スマイルに隠された少し意地悪で明晰な頭脳を持った代表者とのやり取りを想像してまたまた
大笑い!中々の兵!?
Commented by top_of_kaisya at 2010-10-15 13:47
恐縮です♪
御社なんて普段の生活に無い言葉をよく覚えたものです。
でもリクルートスーツはまだ着てます。痩せたので。