木曜日の動静/秋の全国交通安全運動

地下鉄駅構内空きスペース
 社会的ビジネスに提供


 大阪市は10日、市営地下鉄駅構内の空きスペースを、社会的ビジネスなどの活動拠点としてNPO法人や社会福祉法人などに提供すると発表した。
 まず1年間の試行として、雑誌販売によるホームレス自立支援事業を展開する有限会社「ビッグイシュー日本」(佐野章二代表)と、障害者の自立と社会参加の促進に尽力する社会福祉法人「大阪市障害者福祉・スポーツ協会」(魚住誠一理事長)の2団体に提供する。
 同社は10月から、御堂筋線梅田駅から四つ橋線西梅田駅間の3平方メートルのスペースに店舗を設置。ホームレスである販売員4人の共同経営で雑誌『ビッグイシュー』を販売する。同協会は12月から、障害者支援施設で作られた製品の展示・販売を障害者が自ら行う予定。中央線堺筋本町駅の15平方メートルのスペースを活用する。
 同社の佐野代表は「(ホームレスによる)共同経営、共同店舗は世界でも初めてでは。ありがたいコラボ」と歓迎。同協会の魚住理事長も「作業所などの自主製品の開拓につながれば」と喜んでいる。
11日付 大阪日日新聞
いよいよ明日オープンです。

佐野さんのコメント「世界初」がひとり歩きして、地下販売店舗が世界初、と思われている情報が流れています。
長らく路上販売にしか接することのなかった道外のお客様には、確かに衝撃的。でも地下販売店舗自体は、札幌が「世界初」。
今回の大阪のケースは、販売者同士で「経営」するのが「世界初」の試みです。
札幌の簡易な「ブース」と異なり、大阪の店舗設計は「graf」という著名どころ。
やるならここまでやらんとな。
本部の意気込みが伝わります。てゆうか、そろそろ札幌も今季の地下営業の交渉に入らねば。
早朝 大通公園11丁目側に集合。
午前 在札3団体(札幌市測友会・道央地区測量協会・札樽地区測量設計協会)社会貢献事業
毎年恒例、交通安全運動の旗振りです。今年も献血を同時開催。でも木曜日は慌しいので私は遠慮。

帰社。ビッグイシュー卸。市内回り。
お昼 ロータリークラブ例会。
午後 帰社。来客。会長。技術部長。業務推進部長。技術部長。会長。
  68会1周年記念例会(レストランSHIN)。
講師に気象予報士の菅井貴子さんをお招きして。

帰りに最後の上映が終了したシアターキノに立ち寄り。明日発売の最新号をお届け。
 
[PR]
by top_of_kaisya | 2010-09-30 18:18 | 社長の孤独な仕事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://syachou.exblog.jp/tb/15210747
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。