金曜日の動静/秋分の日は会長のところの式典

中国人船長を処分保留で釈放へ
 那覇地検「日中関係を考慮」

 沖縄県・尖閣諸島周辺の日本の領海内で、海上保安庁の巡視船に中国漁船が衝突した事件で、那覇地検は24日、公務執行妨害の疑いで逮捕、送検されていた漁船の船長セン其雄容疑者(41)を処分保留で釈放することを決めた。
 那覇地検は処分保留とした理由を「わが国国民への影響や、今後の日中関係を考慮した」と説明。船長の行為について「とっさにとった行為で、計画性は認められない」と述べた。同地検は釈放時期は未定としているが、近く釈放される見通し。
共同通信15:01配信
厚労省文書偽造事件で名をあげた大阪地検特捜部主任検事の前田恒彦容疑者。通称マエケン。彼を釈放、那覇に異動させて討死、という手もあった。
いずれにせよ、これで検察2連続失点。

どのみち放免するなら、少し恩着せがましいくらいが、かの国にはちょうどいい。
当社に言いがかりをつけてきた客に対し、落しどころとして営業サイドが「誠意」ということで、サービス(仕様書に無い業務)をさせてほしいと言ってきたことがあった。
サービスは、感謝されてこそ効果があるもの。
業者が勝手になんやら作って持ってきた、という程度の認識では、単なる持ち出しであり、損。
誠意を見せた、とは自己満足でしかない。

此度の中国は、これをもって我が国を屈服させたと思い上がる。
タイミングよくフジタの社員を人質にできたし、レアアース禁輸の揺さぶりもきいたか。WTOでの返り討ちもあり得るけど、人民が造反有理で勝手にやったことにすればいいわな。日本人学校にレンガ投げ込んだのも今後使えるな。
伊藤忠社長あがりの駐中国大使を夜中に呼びつけたのも案外よかったかもしれない。忠の駐中がチューしてチュー。商社マンは国益より自社の収益よ。
北京の日本大使館前で日の丸を踏みつけ、抗議する男性=18日午前(共同)とにかく完全勝利。
これにて尖閣諸島は釣魚島。中国の領土だよね。いや、今さら日本が騒いだって、ウチの主張通り船長解放したんだから、認めたんでしょ。日本が認めたんだから、アメ公もウダウダ介入すんなよな。

チンピラの論理は、強い。
にほんブログ村 経営ブログ 二代目社長へ
【秋分の日】
午後、出社。会長。
夕方、札幌西ロータリークラブ創立50周年記念式典(後楽園ホテル)。
夜、帰社。
午前 業務推進室長。技術部長。業務推進室長。
午後 札幌土現ほか市内回り。帰社。今日までのアルバイトのおふたりが退職の挨拶に来てくれる。業務推進部長。
[PR]
by top_of_kaisya | 2010-09-24 18:08 | 社長の孤独な仕事 | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://syachou.exblog.jp/tb/15176456
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 脳挫傷による見えない障害.. at 2010-09-30 13:19
タイトル : 中国側と語らず戦争になったらどうする?民主党の弱腰外交(怒)
今の与党:民主党の議員をはじめ、知的でなく、発想力も国の管理レベルも低い政治家・... more