木曜日の動静

投石で日本大使に遺憾表明 = 韓国外相

 【ソウル時事】重家俊範駐韓日本大使がソウル市内で講演中に韓国人の男にコンクリート片を投げ付けられた事件で、韓国外交通商省当局者は8日、柳明桓外交通商相が7日夜に重家大使に電話し、遺憾の意を伝えたことを明らかにした。
 男は講演後の質疑応答の際、日韓両国が領有権を主張する竹島(韓国名・独島)問題などで日本の姿勢が変わっていないと主張し、大きさ7~8センチのコンクリート片を大使に投げ付けた。大使にけがはなかったが、大使館員の女性が手の甲に軽傷を負った。
日刊より借用ブッシュ大統領は記者会見で、イラク人記者から靴を投げつけられた。
靴は当たらずとも侮辱になるが、コンクリートは当たれば怪我をする。女性の手からは血が滴っていた。
50歳にもなればそれくらいわかりそうなもの。反日教育の度が過ぎて教わるのを忘れたか。再教育ついでに竹島の我が国への帰属性も、歴史をひも解きながら教えてやってほしい。
同胞の北朝鮮は「火の海にしてやる」と言いながら、やらない。
他国の大使への刃傷沙汰は、時代が時代なら戦争のきっかけ。
その割にはこの事件、ニュースにならない。メディアの報じ方は、地方の交通事故と同じ程度。
名古屋で相撲ができるかどうか。名古屋市内の声を拾うのに一生懸命。
国の一大事に、国技の心配。いかに平和か。
いかにメディアが愚民化しているか。
国を思うあまりコンクリを投げてしまった、この国士の方がまっとうに見える。
早朝 座禅。
午前 業務推進部長。
共産党の街宣車が、社長室の真下につけて演説を始めた。私に切々と訴えてもなぁ…
お昼 ロータリークラブ例会。幹事として2回目の例会。
18日の北海祭バザー商品提供呼びかけを張委員長にお願いしました。

午後 帰社。丘珠小学校の作業は雨天中止。銀行。帰社。技術次長。本部長。
小樽土現(旧)発注の鈴川地区地すべり対策工事地形調査を落札。
会長長話。本日の公案は「iPadは買い時か否か」。
[PR]
by top_of_kaisya | 2010-07-08 08:10 | 社長の孤独な仕事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://syachou.exblog.jp/tb/14736196
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。