木曜日の動静

児童会館 今月中に測定調査
 トルエン問題 札幌市、26館対象

 札幌市西区の宮の沢児童会館で基準の26倍のトルエンが検出された問題で市は7日、昨年度、改修工事を行ったほかの児童会館、ミニ児童会館26館についても「安全検査を行わないまま開放した可能性が高い」として、シックハウス症候群の原因となる物質の濃度測定調査を今月中に行うと発表した。
 宮の沢児童会館では改修工事後に、内規の解釈の誤りで測定調査を行わなかったが、26館でも市のこれまでの調査では、床や天井の張り替え工事を行った後の測定調査記録が見つかっていない。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ昨日の道新。不謹慎ながら26館で26倍という数字も気になる。

記事に登場する「内規」。6日の道新夕刊では
 内規は2006年から運用されており、同局(注:子ども未来局)は「なぜこの内規ができたのかは不明。この内規が適用された工事がほかにあるか調べている」としている。
斯様に「内規」とはしばしば、あやふやなもの。

私が理事を務める札幌市測友会が市当局に申し入れてきた要望は、いくつかある。
このたび最低制限価格70%からの引き上げを呑んでもらった。最優先事項のため、これ1本に絞った。一点突破の戦略は、功を奏した。
が、そのほかの要望もどんどん聞き入れていただきたい。そのひとつが「ツマミ」の廃止。

札幌市の入札では、例えば設計金額が1000万円と弾き出されたら、委託ならその70%が最低制限価格。つまり700万円で応札する。参加業者は皆、ここに貼り付く。そのため同額合札で、くじ引きに持ち込まれる。いわば「公設談合」。鍋ツマミ(大) フジキン(FJK)

だが、くじ引きにさえ残れない場合もある。
まともに積算すれば、この場合は700万円。そこに発注担当者が恣意的に、1%とか0.5%とか、加えたり減らしたりできる。700万だと思ったら707万だった、というように。
これが「ツマミ」。内規で認められている。その数値には、なんの根拠もない。つまむことがあれば、つままないこともある。官製談合防止の頃の名残である。

抽選 おみくじ ジグ設計金額の計算は、手間ひまがかかる。しっかりと計算しなければ同額合札にも持ち込めない。しかし「ツマミ」によって、算出額は失格になることがある。くじ引きにさえ参加できない。虚しい話。

くじ引きは「運」。だが、そこに至るまでに「ツマミ」があるか無いか、あるとしたら何%かを予測しなければならない。「勘」が求められる。積み重ねてきた技術力、時代に応じた開発力、技術の有為さを示す提案力。それらは一切、必要とされない。「運」が強くて「勘」がさえていれば、札幌市の仕事ができる。

この「ツマミ」も、すでに前時代的な「内規」になっている。しかし、市当局は見直しも廃止も、検討にすら入らない。こうした「内規」は、行政の中にたくさんある。今回は子供の健康に直接影響があるから、大きな問題になった。[ナイキ] NIKE NIKE BACKBOARD SL SI NIKE(ナイキ)

これもよくいわれることで、語弊があるが、死人が出ないと行政は動かない。
早朝 座禅。
午前 会長たびたび。技術部長。会長同行。
お昼 ロータリークラブ例会。
午後 帰社。会長。
[PR]
by top_of_kaisya | 2010-04-08 18:54 | 社長の孤独な仕事 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://syachou.exblog.jp/tb/14123305
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by まきぱぱ at 2010-04-08 18:18 x
「ツマミ」・・・・
はっは~ん。
”つままれた”かもしれません。
「運」は神様にお願いするとして(当社に神棚はありませんが)、残念ながら「勘」は持ち合わせてはおりませんでしたぁ。虚しい。

久米さんの「ぴたっしカンカン」がなつかしいです。
ハズレだと”チーン!はい、じゃ次の人”って。
Commented by top_of_kaisya at 2010-04-08 18:44
狐につままれた
とか?
私のデスクには厄除けの御札が鎮座してます。
むき出しで。神棚に入れたらと社員から注意されてます。

ぴったしカンカンって復活しましたよね。
久米さんじゃないけど。