水曜日の動静/丘珠空港

 喪服で参加し、大使館の玄関先に献花したメンバーの遠藤賀子さん(42)は、中国政府への抗議だけではなく「日本国民を守るのが日本政府の役目なのに、もっと強く抗議してもらいたい」と話していた。
今日の道新。共同配信かもしれない。記事中、この一文は読みづらい。
日本語としておかしい。遠藤さんが言いたかったのは「自分たちは在日中国大使館を通じて中国政府へ抗議しているが、日本政府にももっと抗議してほしい」ということ、だろう。
「役目なのに」であれば「どうしてもっと抗議しないのか」で受ける。
「もっと強く抗議してもらいたい」を生かすなら、「役目なのだから」。
いつも中国寄りの記事ばかり書いているから、たまに中国批判をすると日本語がたどたどしくなる。

同じ紙面に「名張毒ぶどう酒事件」審理差し戻しの記事。
冤罪防止を訴えている。一方で赤野光信死刑囚の冤罪ってのは、識者は誰も考えてくれないらしい。

豪州では、ヘロインを持ち込んだとの冤罪で、日本人観光客5人が懲役刑を食らい服役させられた。この「メルボルン事件」は、通訳の誤訳が一因とされる。
中国は、毒入り餃子事件の犯人探しでも、司法当局のやり方は粗い。豪州の事件よりも審理を尽くしたとは、考えにくい。
同胞を処刑されても、抗議を控える日本。
亡くなった兵隊さんのお参りに行くだけで猛抗議をかます中国。

「中国で日本人の死刑が執行されたのは1972年の日中国交正常化以降初めて」(毎日新聞)と昨晩、ニュース番組各局が教えてくれた。ほぼ同じフレーズで。多分どこぞの記者クラブ発表。では72年以前はあったの?なんて疑問は、各局興味を示さない。
早朝 座禅。久々。
午前 会長。本部長、技術課長と丘珠空港へ。北海道航空さんに年度始めの御挨拶。当社機体を格納庫で見る。帰社。業務推進室長。
午後 札幌駅周辺。帰社。会長たびたび。
[PR]
by top_of_kaisya | 2010-04-07 18:04 | 社長の孤独な仕事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://syachou.exblog.jp/tb/14118066
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。