金曜日の動静/西高ビジネス交流会

首相批判発言 自衛隊は文民統制こそ

 幹部自衛官の問題発言が相次いでいる。しかも最高指揮官たる鳩山由紀夫首相への批判とも受け取れる内容が含まれている。
 文民統制が揺らいでいる。危惧を抱かざるを得ない
 発端は2月中旬に宮城県で行われた日米共同訓練での訓示だ。陸上自衛隊の前連隊長の1佐が日米の多くの参加者を前に「同盟は『信頼してくれ』などという言葉だけで維持されるものではない」と言い放った。
 首相は昨年のオバマ米大統領との会談で米軍普天間飛行場の移転問題に関し「トラスト・ミー(私を信頼してほしい)」と伝えた。北沢俊美防衛相は前連隊長がこの首相発言を揶揄したとして、文書で注意した。
 陸自幹部が公の場で首相批判とも受け止められる発言をするのは明らかに規律違反だ。防衛相は「クーデターにつながる」と危機感を表明した。処分は当然のことである。
 ところが陸自第11旅団(札幌)中隊長の3佐が防衛副大臣と政務官に「連隊長の発言は総理の指揮統率を乱すものではない」と、この処分を批判するメールを送っていた。
 第2特科連隊(名寄)でも中隊長の1尉が朝礼で、普天間問題での首相の対応を批判したという。
 思い出すのは、田母神俊雄前航空幕僚長のことだ。一昨年、戦前の侵略を否定し植民地支配を正当化した論文を発表して更迭された。
 にもかかわらず今回のような発言が繰り返された。実力組織の中に政治を軽んじる空気が広がっているのではないか。一連の発言が「氷山の一角」だとすれば事態は深刻だ。
 自衛官が防衛政策などを研究し、上司に意見を述べることはあっていい。だが、それは組織の手続きにのっとって行われるべきものだ。
 札幌の中隊長は口頭の注意処分とした。名寄の中隊長は厳重指導にとどめるという。そうした軽い対応で済まされることだろうか軍部の独走を許した戦時中の苦い経験を忘れてはなるまい
 防衛相は今月、防衛省改革の有識者会議を発足させた。部隊の機能的な運用などの方策を探るという。
 まず取り組むべきは文民統制を徹底させる仕組みづくりだ。教育のあり方を見直し、隊内に規律意識を根付かせる。それが急務だ。
 首相にも言いたい。連隊長発言の後に行われた防衛大学校の卒業式の訓示で、日米同盟の重視を強調した。だが首相が真っ先に語るべきは、文民統制の大切さではなかったか
 シビリアン・コントロールを十分に機能させるには統率される側の規律意識とともに、指揮する側の見識と毅然とした姿勢が重要だ。首相は緊張感を持って臨んでもらいたい。
ロイターより借用今朝の道新社説。
文民統制なんだから、どんな暴君・愚者にも従え。道新はそう考えている。

APより借用北朝鮮でクーデターが起きないのは、道新の言う「教育」が徹底しているから。
さらに恐怖政治と愚民化政策があれば、クーデターってなぁに?と馬鹿になる。偉大なる首領様の言うことさえ聞いていれば、ごはんが食べられる。その域まで達してようやく、文民統制は達成できる。

MAMOR ( マモル ) 2010年 04月号 [雑誌] 扶桑社自衛官が、おかしいことをおかしいと述べた。健全な状態の表れである。
おかしいことをおかしいと述べる前に実力行使に出る方が、危険。
それをほったらかしにするのもナニなので、口頭注意した。それなら適度な対応。

原口一博総務相は、自身の遅刻は官僚のせいだとして、左遷させた。
口頭注意どころか、問答無用。これぞ恐怖政治。某サイトより借用

「知りませんでした」で脱税が許される首相。
基地は最低でも県外に移す、と言い放った場面がVTRに撮られても「それは言ったかもしれないけど、公約ではない」とあっさり裏切る首相。
そういう最低な人間が、文字通り生殺与奪の権を握っている。これに危機感を抱いて声をあげた。よほど人間らしい。北朝鮮とはここが違う。

戦争に反対しましょうと、自衛官官舎にビラをまく市民団体。
NHKより借用煽った揚げ句に、じゃあ武器は持ちませんと自衛官が言い出したらどうなるか。指揮官の命令に背く。それこそ文民統制の乱れ。
戦場に行きたくないと、赴任を拒否する反戦自衛官。これも同じ。
でもこうした転向自衛官を、メディアは賞賛する。処罰しようものなら、思想信条の自由を持ち出す。

組合は、経営陣に「ちゃんとしろ」と要求する。
役所の廊下では、首長批判の壁新聞が貼られている。
上が頼りなければ「しっかりしてください」と言えるのが、健全な日本。

午前 会長。業務推進室長。技術部。面接。会長。銀行。
午後 市内。帰社。
夕方 ビッグイシュー大通地下販売ブースで、ブース最後の週末について販売者と。
ロータリークラブ次期プログラム委員会(ミア・アンジェラ 池内店)。
  札幌西高ビジネス交流会ワンハンドレッド)。山地先輩のお店にて。
 
[PR]
by top_of_kaisya | 2010-03-26 18:56 | 社長の孤独な仕事 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://syachou.exblog.jp/tb/14028876
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 柏倉 at 2010-03-27 21:39 x
まったく、この日の道新にはぐったりを通り越して吐き気すらもよおしました。
この程度でも新聞記者になれるのか……あ、こうじゃなきゃ道新の記者にはなれないのか。
勝手に納得しちゃいました。すみません(笑)
Commented by top_of_kaisya at 2010-03-29 09:34
あるいは道新に入社したらこうなった、とか。
だとしたらオーム心理狂よりも洗脳手法が優れていますね♪