金曜日の動静/北測協総会

雇用形態が独身男性の結婚率に影
 厚労省の追跡調査

 02年10月末時点で非正規雇用だった独身男性約700人のうち、08年までに結婚したのは17.2%にとどまることが、20~30代の生活実態を継続的に追跡する厚生労働省の「21世紀成年者縦断調査」で17日、分かった。正規雇用(約1900人)では32.2%で、厚労省は「6年の間に雇用形態が変わった人もいるが、当時の就業状況が結婚の判断に影響した面は否定できない」としている。
【一昨日の共同通信】
これをもっと詳しく報じているところもあって、産経新聞は東大社会科学研究所の村上あかね准教授(家族社会学)のコメントを掲載。収入の面で分析し、「日本社会では『男性が収入を得る』という考えが根強く、収入が不安定な非正規社員の男性が結婚をためらうことが背景にあるのではないか。長引く不況の影響で女性に収入を求める男性が増えてきているのも事実」。
さすが産経。どこぞのブロック紙が連れてくる「入札制度に詳しい」学者とはレベルが違う。

母数が多ければ、統計になる。非正規と正規とは、比較できる。
「独身のまま社長になった男性」が、社長になってから6年後に結婚したかどうかなんて、どこの研究所も調べてくれない。興味も持たれないし、調べたところでどうなるわけでもない。
でも%は、非正規雇用のそれよりも低いはず。POP & CUTE不織布マスク10枚セット【ドット】☆風邪予防グッズ通販☆ 能産プロダクツ
午前 会長。業務推進部長。
午後 測量会館で「建設関連業と独占禁止法について」の講演。続いて(社)北海道測量設計業協会 総会
終了後、風邪悪化。地下鉄中の島からの帰社途中、大通で下車、病院へ。
  縁人会(かま亭)。
[PR]
by top_of_kaisya | 2010-03-19 18:58 | 社長の孤独な仕事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://syachou.exblog.jp/tb/13981065
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。