火曜日の動静/引き続き、風邪

卒業予定の2割が就職決まらず 大学・高校生調査

 今春卒業予定の大学生の就職内定率は2月1日現在で前年同期に比べ6.3ポイント低下し、80.0%だったことが12日、厚生労働、文部科学両省の調査で分かった。比較できる2000年の調査以降、過去最低で、同年前後の「就職氷河期」よりも依然として低い。高校生の内定率は1月末現在で6.4ポイント下回る81.1%。過去最低だった03年の74.4%を上回ったが、就職氷河期と同程度の厳しさとなっている。
【12日 共同】
1回目(92年)の就職活動は、バブルの恩恵を受けた最後の年。
諸事情で翌年、2回目があった。この落差は、激しかった。前年開いていた門戸は閉じ、有利に扱われていた留学年数は一転、留年にカウントされた。

氷河期ではないけど、瞬間冷凍。就職率としては、そう悪くなかったのかもしれない。今でも、この年の話題はメディアでは取り上げられない。だが、前年比の落差は、明らかに激しかった。

そんな2回目の年。ローターアクトの行事に参加した。ロータリークラブのおっさんたちとの雑談で、そういう就職活動状況をこぼした。翌週、そのなかにいた社長から電話があった。小さな町工場だけど、来てみるか、と。
まずは見学を、とか話しているうちに、唯一残っていた朝日新聞の面接が動き出し、一気に内定が出た。
朝日が「運」なら、その社長からの電話は「情」。

7日のフジテレビ「ジャーナる!」。特集は「超氷河期…崖っぷち4年生“就活”奮闘記」。感じのいい青年が「社会は自分を必要としてないのかな」と、こぼす。
私もそれほど前向きな方ではないが、そこまでは考えなかった。考えたとして、そのままを吐露しても「おもろない」で一蹴される。
おっさんらのまえでこぼしたのは、笑ってもらえる自虐ネタだった。だから、あの社長は声をかけてくれた、のだと思う。
「おもろければウソも事実になるんじゃボケ」は、大阪で得た教訓。ある意味、言霊とも。POP & CUTE不織布マスク10枚セット【ハート】☆風邪予防グッズ通販☆ 能産プロダクツ
改めて咳止めを服用しているのに、効かない。
午前 業務推進部長。
午後 営業統括部長。顧問。営業部長。営業統括部長。
[PR]
by top_of_kaisya | 2010-03-16 18:11 | 社長の孤独な仕事 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://syachou.exblog.jp/tb/13959744
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by nakajima at 2010-03-18 12:32 x
 4年前に高校3年のクラス担任をしていました。そのクラスが先日同窓会を開き、そこに招かれました。理系クラスの担任だったので、大学院に進学する生徒や、薬学部でまだあと2年残っている者が多く、就職するものは少数派でした。ただ就職状況は厳しいといっていました。なかには就職がうまくいかないので、修士に進むというものもいました。文系の生徒は苦戦しているのでしょうね。
Commented by top_of_kaisya at 2010-03-18 15:00
先生のとこの生徒さんは優秀だから大丈夫でしょう。

私の頃までは不況の文系不利は当然でしたが、最近は理系も苦戦のようです。かつての講座の先生が就職先を割り当てる仕組みが崩壊したようで。そうなると職人気質のエンジニア志望は、自己PR下手が露呈されてしまい、企業も受け付けてくれなくなりますね。