水曜日の動静

市公共工事 契約総額が15億円減
 昨年4~12月 競争入札導入で

 札幌市は、9日の入札・契約等審議委員会で、2009年4~12月に市が発注した公共工事の落札状況を報告した。08年10月からすべての工事に一般競争入札を導入した結果、契約総額は前年同期比で約15億円減。落札率(予定価格に対する落札価格の割合)も84.53%と約3ポイント下がった。
 市によると、09年4~12月に発注した競争入札工事は1471件。工事件数は前年同期よりやや上回ったが、低額入札が進み、契約総額は、指名競争入札も約3割あった前年同期より3%(約14億8千万円)減の518億円となった。
 落札率は前年同期の87.38%に対し、約3ポイント減少。減少率を工種別でみると、造園Aランク(9ポイント)、下水道A1ランク(7ポイント)、土木A1ランク(同)で高い数字だった。
 市は「(一般競争入札で)競争性は増したが、品質を度外視した落札が増えている恐れがある」と、今後の推移を見守っている。
 この日の審議委員会では、今月中に上田文雄市長に提出する意見書案も提示された。意見書案は、予定価格を現行のように事前公表すれば、採算を度外視して落札する業者が多く出るなどとして、一部で試行していた事後公表を全工事へ拡大するよう求めている。
今朝の道新・札幌版。昨日に続いて、爽やか記事。
「節約できて何が悪い」といったトンチンカンな入札制度に詳しい大学教授のコメントは無いし、文末も「波紋をよびそうだ」みたいな勝手に世論を煽る表現ではないし。
道新がまともになってきた。それはそれで、怖い。47サイトより借用

一方、今朝の朝日。異様。1~4面、中で見開き2頁、広告を挟んで1頁、さらに社会面。全部、日米密約。よほど嬉しかったのだろう。
それが暴かれることは、歴史的に意義のあることかもしれない。けど、正直言って「それで?」。
左向きの方々にとっては、積年の恨み大放出。だからといって、紙面の殆どを費やして報じるほどのニュースなのか。
発端の情報を掴んだということで、毎日新聞の記者だった西山太吉氏が得意気に、写真大写しで語っている。役所の女性をたぶらかして、家庭を崩壊させてまで掴んだスクープだから、喜びもひとしお。ひとの女房を寝取りました!と全国紙で臆面もなく登場できるところが、政治記者の本懐。目的のために手段を選べないところは、鯨を守るために泥棒になったグリーンピースと同じ。
実エンドウ グリーンピース 種子 [ サカタのタネ]西山氏自身は長らくジャーナリズムから干されていたけど、これで復権。リークした横路さんは、今や三権の長。これでみなさんよかったよかった。

暴いた暴いたアバター!と外相さんは大喜び。国民の、どうせ暴くなら手前ぇのとこの首相と幹事長、北教組の金の流れを暴けよ、との突っ込みもなんのその。
民主党に言っても、この国民の声は届かないので、実家のジャスコで「お客様の声」に投書した方が効果的。にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ

朝起きたら、風邪をひいていたので、座禅はお休み。
午前 会長。病院。
午後 道庁。病院。銀行。帰社。業務推進部長。会長。
夕方 風邪、本格的に重い。
 
[PR]
by top_of_kaisya | 2010-03-10 18:20 | 社長の孤独な仕事 | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://syachou.exblog.jp/tb/13915435
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 自分なりの判断のご紹介 at 2010-03-11 02:05
タイトル : 日米密約の存在明らかに 非核三原則と日米安保条約との矛盾..
はーい、論語のお勉強です。 子曰。民可使由之。不可使知之。 (子曰く、民はこれに由らしむべく、 知らしむべからず。) 孔子が説いているのは、 為政者は正しい政治を 行うことによって、国民から... more