月曜日の動静/中小企業家同友会 経済セミナー

昨日(日曜)の道新。
建設業者「地域貢献」に汗
 開発局入札で評価 申請倍増

 道内で、除雪や清掃活動、学校のグラウンド整備といった「地域貢献」のボランティアに取り組む建設業者が増えている。開発局などの入札制度改正で、地域貢献が評価されるようになったことが主な要因だ。ただ、入札に反映される「貢献度」の線引きはあいまいなままで、まじめに取り組む業者からは客観的な基準を求める声も出ている。
「重機を用いた本格的活動から、ほんの短時間の清掃活動まで」様々。60SH-F001B-G ハイヒール マグネット付き 黒 オビツ製作所
特に後者については「ハイヒールを履いた女性事務員が清掃しているようなボランティアは認めない」との道・建設部の方針にも触れている。

やらないよりは、やる方がいい。
たとえ、ハイヒールで踏まれあろうとも。

「地道な活動を続けている業者」が「下心が見え見えの手抜きボランティア」と一緒にされたくないと嘆く。
イメージアップを考える会社でも、入札時の評価への影響は意識しているという。

アンパンマン ブゥブゥブルドーザー トーホーこれはいわゆる土建屋・ゼネコンの話。
ここでいう「除雪」も、ママさんダンプではなくブルドーザー。
当社が、会社の周り一区画の歩道をスコップでかきあげるのとは、ワケも規模も違う。

「地域貢献」といえば、我が業界なら市内3団体による「交通安全週間の啓蒙活動」
若力会の小学校測量体験学習会も、我々の仕事を知って欲しいという思いと、学校側の総合学習が噛み合ったもの。

特に小学校―は、先輩方が発案したもののなかでは、談合に次ぐ素晴らしい企画。
これが続く限り、若力会は脱会できない。担当副会長としては準備がややこしくてしんどいが、やめられない。
業界紙には、参加企業名が載る。記事でいうところの自己申告によるポイントには、これで加算される。が、加点されてもされなくてもどちらでもいい。というほど、有意義であり面白い。

そういうのが「地域貢献」、ボランティアというもの。

私は、ビッグイシューのお世話をしている。これは当社としては、「地域貢献」にカウントされない。
社長個人の趣味、みたいなもの。
社員が卸を手伝ったり、大通の地下販売ブースで一緒に立ったりすれば、事情は違うかもしれない。
が、札幌市が定義付ける「地域貢献」では、どちらにしてもカウントされない。札幌市にとってはあくまでも、除雪をタダでする業者が良い業者。

ビッグイシューでは私個人、大した役に立っていない。ホームレスの販売者が売りやすいように協力しているかな、程度。
社命ではないのに、見かけたら買ってくれている社員もいる。
発注官庁が「そんなの『地域貢献』として扱わないよ」と言うとか言わないとか関係なく、ひとのためになってりゃ、そういうのが「地域貢献」、ボランティアというもの。
ワークライフバランス、実践企業を入札で優遇
 政府方針

 政府は13日、ワークライフバランス(仕事と生活の調和)の実現のため、女性の雇用促進や労働時間短縮などを進める企業を公契約の入札で優遇する方針を固めた。福島瑞穂男女共同参画担当相が15日の内閣府の会議で表明する。2010年度から内閣府の施設修繕や物品調達で導入し、効果を見て、他省庁への拡大も検討する。
【2月14日付 日経】
ボランティアという観点以外にも、こういう釣り餌が時々、下げられる。
10年前なら、ISO。認証取得をしないと入札に参加できないと喧伝され、地方の零細業者までこぞって取得した。一大ブームとなった。
10年経った。その「方針」が生きているのかどうなったのか、明らかにされていない。とりあえず加点はされているらしいが、微々たる点数。

「他省庁への拡大」と聞いてすゎ、国交省もか。ではいまのうちに女性社員を募集しよう。ピンク社長秘書  P3006PI with collection costume
とはならない。多分。全国的に。
10年前と違って、姑息なアナウンスに浮き足立つほど景気はよくない。
人手が足りなければ採用する。建設業は、どこも人が余っている。
男女を区別して募集してはならない、とされているのに、女性だからと採用するのも難しい。

ハイヒールを履いてゴミ拾い、と揶揄されても、ゴミを拾ってくれるならいい女性。
拾わないよりも、いい。ましてやゴミを路上に捨てるよりも。
【土曜日】
午前、ビッグイシュー卸に顔出し。
左端の眼帯が会長(ロータリーでは直前ガバナーというエラい立場)お昼から夕方までグランドホテルでロータリーの地区チーム研修セミナー。7月からロータリー財団が扱う国際親善奨学金委員会の地区委員長になるので、その研修。ロータリー財団
帰りにビッグイシュー大通地下販売ブースで販売者と雑談。
夜は「えん」の「お茶ごっこ・夜会」。

【日曜日】
お昼前、出社。
会議室の一般貸し管理のため、夕方まで半日社内に。
その間、たびたび会長。
夜はお隣のプロヴァンサル キムラでワイン会。
午前 道庁直行。顧問・本部長らと。帰社。業務推進室長。会長。業務推進部長。
午後 北海道中小企業家同友会 2010経済セミナー(ホテルライフォート札幌)。
「政権交代から半年、日本経済の見通しと中小企業経営を考える」と題し、講師は立教大学経済学部の山口義行教授。
帰社。
 
[PR]
by top_of_kaisya | 2010-03-01 18:52 | 社長の孤独な仕事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://syachou.exblog.jp/tb/13845700
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。