火曜日の動静

今日のお客さんとも話題になったTwitter。現在発売中の週刊ダイヤモンドでも特集を組んでいます。
で、そのツイッターがどう便利なのか。どんなことができるのか。
週刊ダイヤモンドを読んでもわかりませんでした。
解説書をいくつか紹介しています。今のところは、新書としてもっともらしい顔をしています。すぐに色褪せるだけに、痛々しい。mixi活用本やブログを使いこなす本などと同じ運命。
Twitter革命 (ソフトバンク新書 118) 神田 敏晶 / ソフトバンククリエイティブ さすが!と言わせる mixi徹底攻略術 高橋 暁子 / シーアンドアール研究所 超簡単!ブログ入門―たった2時間で自分のホームページが持てる (角川oneテーマ21) 増田 真樹 / 角川書店
そんなよくわからないツールを、日本で一番お忙しいはずの首相が使い始めました。
使いこなせるとはとても思えないのは、鳩山ブログの更新頻度を見ればわかります。
1日と2日は書いて、3日は休み。絵に描いたような3日坊主。
宇宙に滞在中の野口聡一さんとの交信でようやくネタがみつかったのが、8日。1週間弱のお休みをいただいての書き込みでした。
その次が、一昨日・17日。空隙がだんだん広がっています。「阪神・淡路大震災15周年追悼式典」に出席した話でした。話題はこれほどのものでなければならない、という基準でもあるのか。

文末で「現職の民主党衆議院議員が逮捕されたことは大変残念ですが、捜査の推移を冷静に見守ろうと思います」といきなり石川代議士逮捕に触れています。
震災のついでに書いたようで、被災者と遺族に失礼。
会見のたびに「国民のみなさまの御理解」を要求している割に1文で済ますのは、「国民のみなさま」に失礼。
本人が書いていないとしても。本当に駆使するというのなら、毎日ツイッターで「小沢さんは悪くない」「逮捕は不当」「検察は横暴」とつぶやき続ければいい。

ツイッターで「ロータリー」と検索してみると「ロータリーとロリータを間違えた」とのつぶやきが、引用も交えて延々と検出されます。
所詮「つぶやき」だから、何をつぶやこうが勝手。だからこんな無意味な検索結果が並んでも仕方がない。それで「これからのツール」としてのツイッター評価とどうして連動するのかがわからない。
早朝 座禅。
午前 業務推進室長。経理打合せ。技術部長。会長。
お昼 cafe agogの店長が今日で退職(泣)ランチがてらごあいさつに。
午後 会長。技術部。来客、会長と応対。営業統括部長たびたび。
夕方 日テレ制作会社から電話取材。気のきいた返しができず、申し訳ない。
[PR]
by top_of_kaisya | 2010-01-19 19:32 | 社長の孤独な仕事 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://syachou.exblog.jp/tb/13524861
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 小西由稀 at 2010-01-20 12:06 x
私はtwitter歴2-3カ月ですが、眺めていると、使い方はいろいろです。
鳩山さん「の」つぶやきは賛否ありますが、鳩山さん「への」つぶやきができることが、大きいかもしれません。
私自身は、著名な作家やタレントと意見交換できたり、twitterだから可能なコミュニケーションを実感しています。
私の周りでは、twitterで知り合い、リアルな世界でも交流を深めている人たちもいます。
ビジネスでは、ブログやHPの更新情報をツィートしている会社も。
こればかりはやってみなければわからない世界なので、試しにつぶやいてみてはいかがですか?
Commented by 川畑 at 2010-01-24 19:34 x
ご無沙汰しております。年賀状だけのお付き合いとなってしまっている、ボート部後輩でございます。
矢橋さんはtwitterに対して否定的なようですが、ビジネス利用としては週刊ダイヤモンドのホリエモンの意見が適切ではないかと思いました。つまりフィルタリングツール。
あとはニュース速報サイトとしての使い方、でしょうか。
広報としても使えます。人気が出れば広報以上の好影響も与えます。NHK、カトキチなどが上手ですね。
もちろんノイズは多いですが、何であっても9割はノイズですから。取捨選択が重要かと。
ではまたお邪魔いたします。ありがとうございました。
Commented by top_of_kaisya at 2010-01-25 08:22
年賀状にもツイッター始めました
と書かれていたのでそのうちと思っておりました。

機能そのものにも懐疑的ではありますが
メディアの取り上げ方が「そこまで有効なツールか?」と。

たとえばFacebookについては「SNSの革命」
「mixiの匿名性とは信頼性の点で差別化」などと騒がれましたが
ネットで匿名性の排除はまず不可。
ツイッターも匿名性が「薄い」(北海道新聞)と特集で書き立てていますが、それはどうか。

「疲れた」「眠い」のつぶやきの羅列でニュースが埋もれるのなら
有用な情報を掘り起こすツールがさらに必要になり、ではツイッターそのものは本当に有用なのか、という原点に戻ります。

といいつつ、使ってはおります。続きはツイッターで(笑)