金曜日の動静/中小企業家同友会新年会

就活費で酒、たばこ…
「公設派遣村」悪質入所者に返金要求へ

 年末年始に住居がない失業者に宿泊場所や食事を提供する東京都の「公設派遣村」で、一部の入所者が就労活動のため都から支給された現金を酒代やたばこ代に使い、施設内で禁止された飲酒などの問題行動を取っていたことが6日、分かった。都はすでに泥酔状態となった男性1人を退所処分にしたほか、悪質な入所者には退所時に支給額と領収書の差額の返金を求める方針。

 派遣村は5日、国立オリンピック記念青少年総合センター(東京都渋谷区、4日に閉所)から大田区の都の臨時宿泊施設に移転。都は入所期限の18日までの就労活動用の交通費と昼食代として、入所者1人当たり計2万2千円を支給した(562人、総額約1236万円)。ところが、多くの入所者が活動費を受け取った直後に近くの小売店で酒やたばこを購入していたことが判明。店員は「朝から1万円札を握りしめた入所者が大勢並んで買い物に来ている。たばこがかなり売れ、酒やスポーツ紙などを購入する人も少なくない」と証言した。60代の入所者の男性は「都に提出する領収書がいらない交通費に出費したことにして帳尻を合わせたい」と話した。

 複数の入所者によると、移転した5日夜には酒を飲んだ入所者が騒ぎ、荷物が盗まれるといった騒動が発生。「みんな殺気立っていたが、現金を渡されたことで静まった」と30代男性は振り返った。施設では飲酒を禁止しており、発覚すれば退所処分となる。
 派遣村は午後4時半が施設に戻ってくる“門限”となっているが、6日は午後8時を過ぎても約100人が戻っていなかった。

 一方、都は6日、施設で生活保護説明会を開催。23区と八王子市の担当者が入所者と面談を行ったほか、就労支援のため1時間置きに最寄り駅まで送迎する貸し切りバスを用意。入所者の朝夜食に1食当たり約500円の弁当も支給した。都の当初の派遣村予算は6千万円だが、関係者は「予算を大幅に超えることは確実」と話す。

 職場を解雇され、インターネットカフェを転々としていた男性(46)は「就労活動のふりをして時間をつぶしている人もいる。本当に困窮している他の入所者が迷惑している」と語った。

【昨日の産経新聞】
一昨日の産経抄では「ただカネをばらまくのは、怠け者を増やすだけだ」とまで突っ込んでくれました。
同感。でもそれを市民団体の前で喋っちゃうと、間違いなく吊るし上げられます。さすがに学習したので、最近はばぁさん達彼女らと良好な関係を維持しております。

なにせビッグイシューを売ること自体、「かわいそうな人たちを働かすなんて」と批難されるほど。
私個人は、ホームレスだから仕事が無い、でも働きたい、現状脱却のために何かしなくてはという方々を応援したいだけ。働きたくなくて働かないなら結構。
病気・高齢などの事情であれば、助けるグループがまた別にあります。そこまでくると行政との交渉。そのほかの路上生活者も社会の犠牲者。憐れみなさい。とまで言われると、それはどうかと。
そういう物言いだから、市民から支持を得られない。ということに気付いていない。気付かなくても、ホームレスのお世話をしている自分に酔いしれている方々だから、それはそれで幸せ。

そういう人々は、行政の重い腰を批判しても、結構よくやってくれる行政を評価しようとはしません。逆に迷惑そうな。ホームレスがいなくなっては自分たちの仕事が無くなってしまうではないかといわんばかり。
存在意義のために仕事を作り続ける官僚と、その点で似ています。肝心なところでの責任回避・責任転嫁も。月1回程度のお手伝いのはずだった私がビッグイシューさっぽろの副代表まで行き着いたのも、中枢のボランティア団体が突然仕事を放棄したから。この無責任ぶりには驚きますが、放棄後もシレっと格差社会を嘆いている連中を見ると、腹立たしいよりも憐れみが。憐れみ、憐れまれる、憐れな人々。

ところでメディアでの厳しい論調は、産経くらい。ここまで直球だと、誤報扱いに仕立てられる恐れもあります。そこで逆方向を向いている毎日新聞から。
<公設派遣村> 201人戻らず 2万円受け取り後

 国と東京都が開設している失業者らのための「公設派遣村」で、557人の入所者のうち201人が、7日午後8時時点で不在になっていることが分かった。派遣村は午後4時半を門限とし、遅れる場合は電話連絡をするよう入所者に求めているが、ほとんど連絡はなかったとみられる。都は交通費・昼食代として1人2万円を支給しており、余った分を精算しないまま戻らないケースが多発することを懸念している。

 都によると、日雇い労働者向け宿泊施設「なぎさ寮」(大田区)に入所する557人のうち、7日午後6時~8時に夕食の配ぜんを受けた入所者は356人だった。都は残りの201人が外出したと推定している。このうち155人は外出の届け出をしていたが、46人は無届けだった。

 都はハローワークなどに行くための2週間分の交通費や昼食費として入所者に2万円を支給。領収書の提出など使い道を報告し、精算するよう求めている。都は継続して施設内の人数を確認し、入所者の状況把握をする方針。担当者は「就労や住まい探しなど、本来の目的以外で戻らないケースがあるとすれば問題だ」と話している。
その毎日新聞、公設派遣村の入居者を取材した特集を5日に掲載。登場するのは、6人。そのうち半分が、北海道出身。
27歳・釧路市出身の元とび職。
34歳の元派遣社員。
62歳の、湯浅誠・内閣府参与に詰め寄る男性。
3人目になると「この男性も北海道出身」と書かれます。偶然でしょうけど。湯浅氏に吐き気かけた62歳の台詞が「もっとちゃんとしてよ!」。

上記の産経抄は「希望者全員のホテルを用意しろ」と騒ぐ入居者を紹介(のちに希望者全員のカプセルホテル入りという”ごね得”に至る)。「衣食足りて礼節を知る、とはよくいったもの。職もカネもなければ、人の心はささくれ立つ」。
毎日はその特集を、19歳・大阪から上京した少年の「社会のせいにしたら心がすさんで自分を保てない」で〆ました。世代の違いか、地域性か。
早朝 座禅。
午前 会長。病院。
午後 帰社。会長。顧問税理士事務所から担当者。決算打合せ。顧問。
  中小企業家同友会 中央西地区会新年会cafe tone)。
右側におりますあまりにもサボり過ぎて、地区会副会長だというのにみなさん私を知らない。でも、盛り上がる。特に吹き抜けから見通せる2階席に若手会員を上げたのは、正解。元々は膝の悪い老人年配者を1階に優先的に集めた副産物。
 
[PR]
by top_of_kaisya | 2010-01-08 20:41 | 社長の孤独な仕事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://syachou.exblog.jp/tb/13434857
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。