木曜日の動静

ネトゲ「大航海時代」で日本海を「朝鮮海」と表記  ユーザーの批判殺到

 日本製の人気オンラインゲームで、日本海を「MER DE COREE」(朝鮮海)と表記している地図が使われていることが分かった。開発したゲームソフト大手「コーエー」(横浜市)のホームページ上の公式掲示板には、「大変不快」「どこの国の企業なんだ?」などとユーザーの非難が殺到。日本政府の見解と異なる表記を使用したことに識者からも批判の声が上がっている。

 問題となっているのは、日本人ユーザー向けに先月、公開されたオンラインゲーム「大航海時代 Online」シリーズの「El Oriente(エル・オリエンテ)」。歴史上の大航海時代の世界を舞台にしたロールプレーイングゲームで、オープニングムービーに映し出される古地図で、日本海の部分がフランス語で「朝鮮海」を意味する「MER DE COREE」と書かれている。
 これに対し同ゲームの公式掲示板には「日本人ユーザーの気持ちを無視している」などと修正を求める書き込みが相次いでいる。コーエーは産経新聞の取材に対し「現存する古地図をそのまま利用した。修正は予定していない」と説明。古地図の出典や採用の経緯については回答しなかった。
 大航海時代は日本人ユーザー3万人以上の人気シリーズで、韓国では2005年から公開されている。エル・オリエンテの韓国での公開開始については明らかにされていないが、コーエーは「すべてのユーザーに配慮した」としている。

 日本海の呼称をめぐっては、韓国・北朝鮮が国連に同時加盟した翌年の1992年から「東海」との併記や「朝鮮海」への表記変更を強く要請。「日本海」は植民地時代に押しつけられた表記だと主張している。
 しかし、外務省が平成16年に、仏国立図書館所蔵の16世紀から19世紀の間に発行された古地図1495枚を調査したところ、「日本海」は249枚あったものの、「朝鮮海」はわずか60枚だった。歴史的に「日本海」という表記が一般的だったと判明している。
 日韓関係に詳しい下條正男拓殖大学教授は「批判の声をあげているユーザーは、日本の主権を理解している」と評価。コーエーに対し「国際関係の意識が希薄で、見識を疑う。訂正を求めたい」とした。
 コーエーは、「信長の野望」「三國志」シリーズなどの人気ゲームを開発したことで知られる。


【一昨日の産経新聞】
大航海時代 Online ~El Oriente~ コーエーこの件について報じているのは、産経1紙。
引用して朝鮮日報が同紙を「国粋主義的な論調」とし、「19世紀にフランスがアジアの地図で用いた東海の表記法だ」と批難。
中央日報は2007年、「Xbox 360」が「竹島」と入力するとエラーを表示、「独島」に導いたことについてマイクロソフトがプログラムを修正、謝罪文を発表した経緯について言及しています。

以上、この3紙。その他のメディアは一切黙殺。
北方領土の占領、竹島の事実上の占拠など、周辺国は黙っていたら好き勝手やるので、過敏な反応でちょうどよい、というのが産経のスタンス。今回の件は周辺国からの圧力ではなく、史料の扱いによっては付け入る隙を与えかねないことへの危惧として必要な認識。

ゲームに関心が無い、やってる暇も無いという大人も多い。こういうことがありました、くらいは伝えてほしいもの。賛否は別にしても。
道新を読んでいるだけでは、知らないまま終わります。憲法9条を守る会がいつどこで勉強会を開催するかは、鬱陶しいほどしょっちゅう伝えてくれるのに。
白戸(ホワイト)家のクラシック音楽 ホワイトオーケストラ / ERJ(SME)(M)早朝 座禅。珍しく一番乗り。
なので新しい座禅堂で初めて、南側に座ってみました。いつも北側なので、新鮮。
午前 会長。ビッグイシューでお世話になっている事務所に新年の挨拶。
お昼 ロータリークラブ例会。理事会。
午後 帰社。会長。測友会。市役所。修理に出した携帯を受け取りにソフトバンク。帰社。会長。
  閉店が決まったとんありで夕食。
その足で、エスキス。昨日の道新・夕刊に同店が
7年96回 作品展の軌跡
絵や写真、工芸など 札幌のギャラリーカフェ
と、写真付きで載っていました。記事中、店主について「土木設計事務所でデザイナーとして働いた後、27歳で同店を開業」との紹介があります。
彼は私共の同業でした。社長は「いい技術屋だったけど、喫茶店をやりたい夢があったらしくて」と退職を惜しんでいました。

それほど身近な会社だけに、「デザイナー」という職種が無いのはわかっています。
技術職員をそう呼ぶことにするのなら、オシャレかもしれません。そのときは私も社長ではなく「CEO」と自称しよう。
でも業界として、馴染まないでしょうな。ましてや彼が在職中に「デザイナー」は存在しません。

つまりは、道新・岩崎勝記者の取材不足
ギャラリーカフェだから前職もそれっぽい横文字仕事に違いないという先入観なら、記事捏造
土木設計でデザイナー?との違和感を抱かなかった校閲部門は勉強不足

当社も以前、毎日新聞の取材を受けた際、同業者や発注者に笑われるような稚拙な記事を書かれました。測量という仕事に疎い、加えて航測ではイメージもできない、とのことでかなり詳しくお話したものの、それでもこの程度か、と。
土木設計然り。私共の業界をこれほど知らない記者たちが、「談合」だの「税金の無駄遣い」だのと書き立てます。仕事そのものを理解せずに、その仕事が抱える課題をよくも批判できるものです。
 
[PR]
by top_of_kaisya | 2010-01-07 18:46 | 社長の孤独な仕事 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://syachou.exblog.jp/tb/13425110
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 岩崎勝(北海道新聞) at 2010-10-18 09:45 x
こんにちは。はじめまして。記事を執筆いたしました北海道新聞・写真部の岩崎勝と申します。
おっしゃるとおりの勉強不足で、間違った記事を皆様にお知らせしてしまい、まことに申し訳ありません。
取材させていただいた中川様をはじめ、関係各方面におわびいたします。
今後、このようなことがないよう、事実確認に努めますので、どうぞよろしくお願いいたします。
Commented by top_of_kaisya at 2010-10-18 21:41
岩崎様

ご本人からコメントをいただけるとは恐縮です
(道新サーバーで岩崎さんの名前を検索したログがあったのでもしやとは思いましたが)。

道新関係者はこのブログを読まないという勝手な前提で書いておりますので、御不快かとは存じますがご勘弁ください。
今後ともよろしくお付き合いのほどをお願い申し上げます♪
Commented by 岩崎勝(北海道新聞) at 2010-10-19 09:26 x
いえいえ、貴重なご指摘をありがとうございました。本当に勉強になりました。今後とも、忌憚のないご意見をよろしくお願いいたします。