火曜日の動静

「まるでヒトラー・ユーゲント」 = 谷垣氏、議場での民主声援やゆ
 「ヒトラー・ユーゲントがヒトラーの演説に賛成しているような印象を受けた」。自民党の谷垣禎一総裁は26日、鳩山由紀夫首相の所信表明演説について記者団から感想を求められた際、民主党議員が衆院本会議場で演説に合わせ声援を送る様子を、ナチス党の青少年組織ヒトラー・ユーゲントになぞらえて皮肉った。
 同日の首相演説では、民主党新人議員が拍手とともに整然と「そうだ!」と声援を送った。演説前に議場で先輩議員から「盛り上げて」と求められたためだが、自民党からは「ちょっと異様」「北朝鮮みたい」との声が出た。
 もっとも昨年8月には、麻生太郎自民党幹事長(当時)がナチス台頭を引き合いに民主党に審議復帰を促して同党の反発を買い、「ナチスにたとえたのではない」と釈明した経緯がある。谷垣氏の発言は不用意との指摘も出そうだ

【昨日の時事通信】
実際、シナリオ通りの拍手みたいな印象。それは自民が与党のときも同じ。
でも最後のStanding ovationは、わざとらしい。まさに「欧米か?」。衆院本会議で所信表明演説を終え、一礼する鳩山首相(右)。与党議員らは立ち上がって拍手を送った=26日午後(朝日サイトより借用)

私が所属する札幌東ロータリークラブでは、そのスタンディングオベーションをあえて行います。
新入会員が壇上で紹介されるときと、外部講師が演壇に立つときに限って。
私が入会した10年前には、すでにそのスタイルが出来上がっていました。
突然100人の会員が立ち上がり、拍手で迎えてくれる光景には、ゾクゾクします。
ホワイトハウスより借用
嬉しいゾクゾクと同時に、日本人らしからぬ動きへの違和感によるゾクゾク。
これまでほかの多くのロータリー例会に出席してみましたが、スタンディングオベーションは当クラブ以外に見当たりません(開会の点鐘を合図に全員が起立するのは、一般化されています。その動きでさえも、会員以外にとっては違和感があるようです)。

Kitaraでアマチュア楽団の演奏を聴いたときのこと。観客もカジュアルで楽な雰囲気でした。
最後の曲が終わり、拍手が鳴り止まないなか、前列に座っていた青年が隣の友人に「立って拍手しようか」と相談していました。
こういうとき、外国だと立って拍手してるよな、と。
感動のあまり立ち上がって「ブラボー!」は、日本人に自然発生する行動ではないのでしょう。
だから昨日の議員さんたちにも、示し合わせた様子が透けて見えます。
やはり日本人なら、万歳三唱。

なお、ナチスのくだりについて毎日新聞は
具体的な理由の説明はなかったがナチスドイツに例えた発言だけに反発が出そうだ
で〆ています。先に引用した時事は、指摘を期待しています。
反発するか指摘するかは国民が考えること。社会の木鐸は黙って事実だけ伝えろ。
早朝 座禅。
午前 会長たびたび。業務推進室長。病院。
お昼 第1回カエルヤ珈琲店杯 お気楽「カエル自慢コンテスト」の審査会。
「北海航測賞」も決定。発表は11月1日、同店にて。
午後 帰社。業務推進部長。
[PR]
by top_of_kaisya | 2009-10-27 19:17 | 社長の孤独な仕事 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://syachou.exblog.jp/tb/12755104
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hicobeli at 2009-10-27 17:06 x
あの長ったらしい所信表明でスタンディング・オベーションとは・・・
自分だったら確実に寝てます。
最初に立ち上がって拍手した党員のインタビュー動画も上がってますが
なにか得体の知れない気持ち悪さがありました。
Commented by top_of_kaisya at 2009-10-27 17:20
コメントありがとうございます♪
事件で迂闊に死ねないの巻に同感です(笑)
Commented by mi at 2009-10-28 05:13 x
最近、演奏会で「ブラボー組」というのが問題になっていますね。
曲が終わったか終わらないかの、
降ってくる音を全身で浴びたい(だいたいは)澄んだ空気の中、
いきなり「ブラボー!ッ!!」で立ちあがります。
「マンセー」とも聞こえます。
Commented by top_of_kaisya at 2009-10-28 08:09
本人は感極まったのか。でも日本人が素で感動したなら「すげー」とか飾らない日本語が漏れそうなものですね(笑)