水曜日の動静/室蘭出張

不明後、職場に電話 登別遺棄事件 殺人立件視野に捜査

 【登別】登別市のオロフレ峠付近の山林で、室蘭市内の会社員斉藤徹さん=当時(21)=の頭蓋骨が見つかった死体遺棄事件で、斉藤さんが行方不明になった約1カ月後の2007年10月、斉藤さんとみられる男性から同市内の当時の勤務先に電話があったことが20日、捜査関係者への取材で分かった。道警は、斉藤さんは当初、死体遺棄容疑で逮捕された元同僚と一緒に行動し、その後、同年11月に元同僚らに殺害された可能性が高いとみて、殺人容疑での立件も視野に調べている。
 逮捕されたのは東京都港区、職業不詳高坂勇輔(26)、登別市緑町、会社員記内裕充(27)の2容疑者。道警は20日、室蘭署に捜査本部を設置し、斉藤さんが行方不明になった後の足取りを調べている。高坂容疑者は、斉藤さんの職場の先輩で、同容疑者と記内容疑者は遊び仲間だった。

【今日の北海道新聞】
死体遺棄容疑で夫婦逮捕 室蘭署

 【室蘭】室蘭署は20日、死体遺棄の疑いで、室蘭市東町4、とび職崎田晃輔容疑者(29)と、崎田容疑者の妻で同住所、介護士崎田輝江容疑者(35)を逮捕した。
 逮捕容疑は、12日午後9時ごろ、住所不定、職業不詳北山昌彦さん=当時(55)=の遺体を両容疑者の自宅から自家用車で運び、室蘭市祝津町4の草地に遺棄した疑い。北山さんはやせ細り、ひざに擦り傷があったほかに目立った外傷はなかった。死因は凍死で、同署は死後1日以内に両容疑者が死体を遺棄したとみている。北山さんは8月中旬から崎田晃輔容疑者の元で働き、両容疑者の自宅で時折寝泊まりしていたという。同署は、北山さんが両容疑者の自宅で凍死したとみている。

【今日の北海道新聞】
本日の出張先はこういうエリアです。捨てられないようにがんばります。
午前 会長。胆振方面へ。
お昼 登別で知人と会食。最中、今日午前開札の釧路土木現業所「久著呂川地形調査業務」落札の連絡。昨日の開発局に続き、大型物件連勝。

午後 先日受注した「有珠山航空レーザ測量業務」について、室蘭開発建設部へ。担当官と提出書類の話など。そのほか関係各所を回る。

帰り道、サッポロ珈琲館厚別店に立ち寄り。先週指導した「お点前珈琲」を、客として飲んでみる。あくまでもコーヒー。だけど器はちゃんとしたお茶碗。なので茶道の心得があると、ついついぐいぐい飲んでしまい、注意が必要。

帰社。営業統括部長。顧問。
 
[PR]
by top_of_kaisya | 2009-10-21 19:07 | 社長の孤独な仕事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://syachou.exblog.jp/tb/12692680
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。