火曜日の動静/新しい座禅堂

c0032392_15213773.jpgこのたび農業農村工学会(旧 農業土木学会)から、学会創立80周年の感謝状が届きました。
早朝 座禅。
いつもの瑞雲軒に行ってみると、誰もいない。座布団もない、ただの和室でした。
更衣室に入った方をつかまえて尋ねると、新しい座禅堂でやることになったのですと。落成式前なので、意外。入るまでの作法を教わり、入ったらいつもの禅道会の方が座り方を教えてくれます。
初めて坐禅を組んだ大雄寺は曹洞宗でした。お寺の地下にある座禅堂だったので、現在の瑞龍寺の和室での坐禅の方が当初、違和感がありました。新しい座禅堂は、その最初に坐禅を組んだところと同じ雰囲気。最初に戻ったようなものですが、和室に慣れてちょうど1年。今度は座禅堂の方に違和感が。
でも竣工直後の家屋独特の香りに、早朝の晴れやかな陽光が差し込み(新しい座禅堂は中庭に建造したので四方が開いている)、風もそよぎ(以前の和室は風の通りが悪く(もしかしたら窓を開けていなかったのかもしれない)、光が入りづらい位置なのか常に薄暗くて眠気を催しやすい(それもまた修行))、小鳥のさえずりが真上から響き、なんとも清々しいこと。

午前 道庁直行。営業本部長、顧問らと挨拶回り。
プライベートスチームサウナ ビッグフィールドとにかく、暑い。クールビズの装いでも暑いという建物の中を、ジャケット羽織ってネクタイ締めてれば、サウナ。
石狩支庁。協会。銀行。道外郭団体。
チャリなのでビッグイシュー卸に顔出し。
お昼 ロータリーの会議(第一ホテル)。
午後 市内回り。帰社。西日が差し込む社長室は、道庁よりもさらにすごいことに。さすがの”ひとり地球温暖化対策”も、今日は自粛して冷房を入れます。
 
[PR]
by top_of_kaisya | 2009-08-11 19:36 | 社長の孤独な仕事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://syachou.exblog.jp/tb/12111870
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。