水曜日の動静/丘珠空港

自殺者、半年で1万7000人 1~6月、年間最悪ペース
 今年1~6月に全国で自殺したのは1万7076人(暫定値)で、前年同期より768人(4.7%)増えたことが27日、警察庁のまとめで分かった。すべての月で前年を上回り、高止まりの状態が続いている。専門家は「年間の自殺者数が過去最悪になりかねない」と指摘、早急な対策を求めている
 1~6月の自殺者は男性が1万2222人で71.6%を占める。都道府県別でみると、東京の1569人が最も多く、大阪(1057人)、埼玉(971人)、神奈川(938人)などが続いている。
 前年同期からの増加率が最も大きかったのは51.3%増の沖縄(227人)。30.2%増の山口(237人)、21.6%増の高知(135人)なども目立った。


【一昨日の日本経済新聞
山口は、このたびの豪雨災害で命を落としている方が多いところ。いたましい。佐賀新聞サイトより借用

山口には地福という土地がありまして、母方の墓はこちらになります。地元は岡山の新見ですので、地福には幼少時に一度行ったきり。父方の美濃赤坂にしても、交通の便が厳しい土地の墓は遠退きます。子孫としてお恥ずかしい話ですが。
しかも少子化のトレンドに応じて「子孫繁栄」してないし。

3連休の3日目に死にたくなる癖」も、そういえば先週の海の日の連休はどうだったのかといえば、なんとか乗り切ったようで。なんとか乗り切っているのと癖が治るのとは、別。早急な対策を求めている専門家とやらが、その辺の機微をわかってくれていると助かります。不安定な労働環境について苦言を呈する学者が、もっとも安定した職業に就いているのと同じく。
自殺について語れる”専門家”は、死ななければという域に追い込まれて生還したひとでなければならない。従業員を雇ったことのない学者は、社員に給料を出すプレッシャーをひとまず味わってから雇用施策を語れ。
c0032392_1257048.jpg早朝 座禅。
昨日の道新のコピーが置いてあるところが、嬉しい(笑)
午前 別件の来客は営業統括部長と営業本部長に任せて、丘珠空港。耐空検査が終わってレーザ機材を積み込んでいる機体にお客さんをご案内。技術課長と撮影士に説明をお願い。
午後 帰社。会長。経理会議。技術課長。
[PR]
by top_of_kaisya | 2009-07-29 19:24 | 社長の孤独な仕事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://syachou.exblog.jp/tb/12035070
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。