水曜日の動静/日食

本日、日食です。つきましては昨日の時事通信。
正しい方法守って観測を
 日食、専用グラスなどで - 国立天文台
 日本全国で見られる今回の日食だが、強い光を放つ太陽の観測には危険も伴うため、国立天文台は日食観測用の遮光グラスなどを使った安全な観測を呼び掛けている。
 国立天文台や天体望遠鏡メーカーによると、太陽は目で見える光(可視光)のほか、赤外線や紫外線も放っている。サングラスやフィルムの切れ端、ススを付けたガラス板などでの観測は、まぶしく感じなくても目にダメージを与える赤外線の遮へいができず、最悪の場合失明の恐れがあるという。
皆既日食観察用 日食グラス 国際光器さらに黒い下敷きもダメなのですって。
でも確か小学生時代の理科では、太陽の観察に「ススを付けたガラス板」や黒い下敷きを使うよう指示された記憶が。三十数年前だから「そういう方法もある」程度だったのかもしれませんが、いずれにせよ「日食観測用の遮光グラス」なんて洒落たものは薦められなかったし、「科学」の付録にもついていなかった。はず。では現在40前後のご同輩がみなさん目を傷めたかといえば、目立って社会問題になった様子もなく、それよりもPCの使い過ぎでドライアイだの、老眼が始まっただの。
「太陽を直接見ると、よくない」のは事実でしょうけど、それを医師におどろおどろしく解説させたり、わかりやすく眼球の縦断図を用いて失明への過程を説明したり、そこまで必要なのか。それもマスコミこぞって。一方で「うゎ!まぶしい!」と太陽を見上げる女優さんが使っている化粧品はUVカット、みたいなCMに問題点はないのか。
ゴミ収集有料化・分別細分化が始まって3週間経ってようやく、初めてのゴミ出し。それだけ分別に気を使いました。というか分かりづらい。昨晩も深夜まで、分別。
午前 会長。会議。
午後 病院。帰社。
[PR]
by top_of_kaisya | 2009-07-22 18:45 | 社長の孤独な仕事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://syachou.exblog.jp/tb/11989669
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。