水曜日の動静/網走(監獄)出張

午前 網走へ。
午後 駅で自転車をレンタル。仕事が予想外にスムーズに済んでしまい、帰りの足まで時間がタップリ余ったので、勢いで網走監獄に。

駅の観光案内所で刑務所へ行く道を尋ねると、いわゆる観光用の古い建物のほかに、本当の刑務所を紹介されます。
ママチャリで4km、15分で到着。線路を渡った辺りからの坂道は、駅の貸しチャリでは立ちこぎもきつく、そういえば事故で膝を痛めていたので力も入らず、この時点で網走は33℃(道路標示機発表)で汗だく。
駅の観光案内所のおねぇさんがくれた割引券で入場。見るべきものがたくさんあるので、最短順路に従って、できるだけ端折ります。
入社10年、網走には結構来ていますが、監獄へ来たのは初めて。関西からの修学旅行生と一緒に観光客然として、いちいち感嘆の声をあげます。

院生時分に指導教授の先生と月形の圃場調査へ行った際、やはり時間が余って樺戸集治監に寄ったことがあります。社会人になってからは、現在使っている刑務所も見学させていただきました。いずれも、ここに来てはいけない、と思わせるに充分な迫力。網走監獄は、それを超越しちゃって、番外地の世界。北海道観光における最適な季節に、ではなく、極寒のシーズンに来れば、ここはもっとも来てはいけないところになるのでしょう。

  帰社。
[PR]
by top_of_kaisya | 2009-06-24 21:16 | 社長の孤独な仕事 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://syachou.exblog.jp/tb/11815988
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by nakajima at 2009-06-25 13:04 x
網走の監獄博物館は修学旅行の引率で訪れました。本物の刑務所は行きませんでしたが。
 ここの博物館で案内の人から、実在の脱獄囚をモデルにした吉村昭の「破獄」という小説があることを知りました。読んでみるととても面白かったです。
 大阪の高校の中には修学旅行で北海道に行くところが結構あるようです。
 
Commented by top_of_kaisya at 2009-06-25 14:05
ほんまにあちこちから大阪弁が聴こえます。
でもこのあいだ尋ねたら、徳島の高校生でした(;^_^)

今日はインターアクト委員長の新旧引継ぎです。
旧委員長がいないので私が紹介者として学校へ行きます♪