水曜日の動静/交通事故翌日

いきなり自転車 かじとり式 レモンライム ピープル昨晩、交通事故に遭いました。
札幌まつりの人出に伴い、タクシーも客待ちに並びます。一方通行の道なら、道路両側にキレイに1列ずつ。
チャリは歩道を走らない、という法令遵守以前に通行人でいっぱい。自然、車道を走ります。本来、車道でも端を走行することになりますが、上述の通りタクシーが塞いでおります。それでもチャリ1台の通過は余裕な幅。
赤ちゃん けろっとスイッチ タクシー タカラトミー
そこを通っていると、あるタクシーがいきなりドアを開けたもので、直撃は避けられたものの接触・転倒。両膝を、まさに正座するように打ち、足はチャリに挟まり、すぐには動けず、通行人の方々に助け起こされました。警察を呼んでくれたのも、通行人のおじさん。ところがその警察が、まつりだからかなかなか来ない。その間、目撃証言のため通行人の方々が待ってくださいました。感謝。
ようやくパトカー到着。事情を話し、人身事故の扱いになったので現場検証。その担当の警察官がまたなかなか来ない。それでも到着後は迅速に対応。こちらの言い分をよく理解いただきました。
チャリは曲がっているようだし、なにより脚が痛くてこげないので、そのタクシーに自宅まで送ってもらいます。タクシー会社の職員も来て、チャリはそちらのRV車に載せてもらって。

働く車 緊急車ミニパトカー 増田屋コーポレーション先日も道新夕刊でチャリの歩道通行問題を大きく取り上げていました。いつも同じ視点なので、スペースが空いたから記事を焼き直しているかのような。歩行者にとって歩道のチャリが脅威なのは、道新さんが改めて言うまでもなく。それよりも問題なのは、では歩道のチャリを車道に降ろしたらどうなるか。

こうなります。

以前から幅寄せしたり、uhbの前では客待ち中、窓から投げ捨てるタバコがチャリに当たったりと、タクシーのお行儀の悪さは目立ちました。道交法を意識しているのは、多くの歩行者と一部のチャリ。運転のプロたる営業車がこの体たらくでは、チャリはやはり歩道を通るしかない、という原点に戻るだけです。
c0032392_12441975.jpgそんなわけで座禅は行けず。
午前 総務部長らと昨晩の話。事故に関する検診のため病院。レントゲン等撮ってもらい、
頚椎捻挫、腰椎捻挫、両膝打撲、右足関節捻挫、左上腕打撲
全治2週間
の診断。
帰社。営業本部長。
午後 タクシー会社の事故担当者来社。技術部長がお見舞いに来てくれる。実家。帰社。
[PR]
by top_of_kaisya | 2009-06-17 18:40 | 社長の孤独な仕事 | Trackback(1) | Comments(15)
トラックバックURL : http://syachou.exblog.jp/tb/11767753
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 頭文字J at 2009-06-17 15:52
タイトル : 落車
自転車で会社から帰る途中のススキノで。 いきなり停車したタクシー、ドア開き…逃げ場なく衝突。 転けました。 ススキノで車道(路側帯)走行はかなり難しい。 たいしたケガでないからその場すぐに離れちゃったけど、会社名とか運転手とか記して置けばよかったかなあ。 まあマシンもダメージ無かったから…いいか。... more
Commented by おろ・おろし at 2009-06-17 14:49 x
交通事故の被害者という立場で、痛い思いをされたのですね・・・。
傷の具合はいかがてじょうか?

やはりヨーロッパのように自転車専用路が必要なのかも。
Commented by top_of_kaisya at 2009-06-17 15:17
両膝というのは不自由ですね…直撃だったら相当大変なことになっていたかも…です。
Commented by taku at 2009-06-17 15:51 x
トラバありがとうございます。


ススキノのカニ将軍のあたりってどうやって自転車で通過するのか知りたいですよね。
この場所歩道自転車通行可でないのです。
降りて押すのが正解かもしれませんが。

札幌アルタ付近の歩車分離信号の通行方法も知りたいです。
歩行者信号には「歩行者専用」って書いているのですよね。
Commented by top_of_kaisya at 2009-06-17 17:07
みんカラの使い方がわからず(;^_^)
TBだけ貼らせていただきました。
コメントありがとうございます♪
Commented by Nakapya at 2009-06-17 17:35 x
一日も早く完治されますようお祈りしております。
私もチャリ通勤していますので、気をつけなければと思いました。
Commented by top_of_kaisya at 2009-06-17 17:56
ありがとうございます。
チャリ通お気をつけください~事故った私が言うのもナニですが(笑)

社長は休業補償もつかないそうです。
ひかれ損…(泣)
Commented by まきぱぱ at 2009-06-17 18:18 x
痛そうな病名ばかりですねぇ。
なによりも「top of kaisya」なのでお大事にして下さい。

私も、毎週自動車で遠方に営業へ出かけるウチの社長にハラハラです。
Commented by top_of_kaisya at 2009-06-18 09:00
実は結構痛みます…(汗)
昨日よりも今日のほうが痛いかも~
Commented by 道野 at 2009-06-18 13:17 x
 痛い思いをされたのですね。保険金の算定方法はよく知らないのですが、休業補償はさておき、逸失利益については、どうなのでしょう。あくまで後遺傷害が残った場合に限られるのでしょうか。
 それにせよ、全てにおいて、他人に対して注意を払う人が減ったように感じます。死亡事故は減っても、交通事故自体減っていないというのが、そのことを物語っているように思います。
 他人が気をつけてくれない以上、私は人3倍、周りに気をつけるようにしています。
 何はともあれ、お大事になさってください。
Commented by 営業代行キーマン at 2009-06-18 13:46 x
早く完治されますようお祈りします。
自動車の横を通る際は、気を付けないといけない。
教訓になりました。
有難うございます。
Commented by top_of_kaisya at 2009-06-18 14:07
恐縮でございます~

今しがた供述調書を確認してきました。
昨日よりも腰が痛むのに、タクシー会社との交渉ごとはこれから…
来週は留萌・稚内・網走・函館と見事なまで遠い出張ばかり…
Commented by mit at 2009-06-18 21:50 x
お見舞い申しあげます。
なんということでしょうか・・・(涙)
お役目柄、お体の状態は響きますでしょう。
遠いご出張には、何か少しでも楽な方法は採れませんでしょうか。
低反発マットとか(焼け石に水?)。
もしや自転車も全損で?
ショックですね。くれぐれもご無理なくお過ごしください。
Commented by top_of_kaisya at 2009-06-19 08:53
ありがとうございます~
膝と腰が病むのはしんどいですね…階段の昇り降りとか。
しかもこんなときに限って、自分が幹事で予約した店が座敷だったり
(泣)
Commented by ゆーりん。 at 2009-06-19 13:49 x
お見舞い申し上げます。
お立場上、のんびり休養もままならないかとお察ししますが、
どうかご無理なさいませんよう。
ご回復をお祈りしています。

Commented by top_of_kaisya at 2009-06-19 14:00
ありがとうございます。
さすがに厄年は例年とは違います(笑)