火曜日の動静/祝WBC連覇

非正規社員男性の結婚、正規社員の半分
 厚労省調査

 25~39歳男性のうち非正規社員でこの5年間に結婚した人の割合は12%で、正規社員(24%)の半分にとどまることが、厚生労働省が11日に発表した「21世紀成年者縦断調査」で分かった。収入面でも、「100万円未満」の男性がこの3年間に結婚した割合は8%と、「400万~500万円未満」(21%)の半分を下回った。
 02年10月末時点で20~34歳だった男女を毎年追跡調査。6回目の今回は07年11月に実施、25~39歳になった1万4466人から回答を得た。
 女性で結婚した割合は、非正規社員が25%、正規社員が28%だった。収入でみると、「100万円未満」が15%なのに対して、「400万~500万円未満」は22%。就業状態と収入のいずれでも、男性より差は小さかった。

【11日付 asahi.com】
私はこの調査対象世代に見事にはまっております。
当事者として何故結婚しないのかと問われれば、「いいひとがいないから」で済ませます。
asahi.comより借用どうしてもしたければ、しますわな。「給料が安いからできない」との理由付けは、100万未満の年収で結婚した男が8%もいる事実によって根拠が薄らぎます。そうまでして結婚したい感情は移入できませんけど。

この調査は、雇用形態と年収のみを取り上げています。実は実家に資産があるとか、結婚相手が裕福だとか、もしかするとの背景は排除しています。年収100万未満の非正規同士での結婚事例がどれほどあるのか。
国道20号線」は、正規・非正規以前に働く意欲の無い若者の話ですが、いずれにせよ低収入の上にそれが不安定であれば、生活は荒みます。
昨今、低収入で不安定の最たるものは、中小企業の経営者です。
話題の非正規雇用に比べ圧倒的に数が少ないのと、文句の言うアテが無いのと、マスコミが取り上げないのとで事実が隠されていますが。
独身社長の数はさらに少ないので、統計の対象にもなりません。

結婚できない男 DVD-BOX ポニーキャニオン社長が身銭を切って雇用する状況(低収入)と景気の悪さ(不安定)では結婚後の見通しが立たないし、何より結婚したい!というモチベーションも上がりませんわな、と先日社員と雑談したところですが、言いながらも考えてみれば、結婚したい!とのモチベーションを、有無を言わせず上げられてしまうほどの女性がいれば、8%枠に入ることができるわけですね♪

そんな女いるかよ。
早朝 座禅。
午前 来客。マンション水漏れ改修工事打合せと共に管理組合監事として決算監査。
お昼 ランチをしながらWBC決勝テレビ観戦。普段テレビを置いていないお店なので客も喜ぶ。
5回裏で日本、韓国に追いつかれる。
午後 来客。石狩支庁ほか市内回り。
ついでにビッグイシュー大通地下販売ブースに顔出し。一昨日のOASISコンサート会場での販売雨天中止についてお話しようと思ったら、時節柄WBCの話に。地下街にも号外が貼られております。
帰社。協会提出の資料作成。
 
[PR]
by top_of_kaisya | 2009-03-24 18:56 | 社長の孤独な仕事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://syachou.exblog.jp/tb/11170986
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。