水曜日の動静

本社5億1800万円申告漏れ
 修正申告、関係者を処分

 朝日新聞社は、東京国税局から08年3月期までの5年間(一部7年間)で、法人所得に約5億1800万円の申告漏れを指摘され、23日に修正申告して法人税約1億700万円を納付した。これに伴う加算税は約3100万円、うち重加算税は約2800万円と見込まれる。

 東京国税局は、取材費の一部を交際費と認定したり、出張費の過大計上を指摘したりして、編集関連費のうち約3億9700万円を経費とは認めず、重加算税の対象と認定した。このうち、京都総局が出張費などで計上した約1800万円については、カラ出張などによる架空経費と指摘した。
 このほか、本社が負担している出向社員給与について、出向先の子会社は自社が負担すべき人件費を本社へ戻し入れることになっているが、約9500万円が戻し入れ不足であるとして寄付金と認定した。また、支払い基準が不明確な販売関連の会社への奨励金約2400万円を寄付金と認定するなど、いずれも申告漏れと指摘した。
 朝日新聞社は、これらの認定を受けて、同日付で京都総局の当時の総局長らを停職などの処分としたほか、管理責任を問い、東京、大阪、西部、名古屋の各本社編集局長を減給処分とした。


 朝日新聞社広報部の話 申告漏れの指摘を受けたことを報道機関として重く受け止めています。架空経費に関しては関係者を厳しく処分しました。今後一層、適正な経理、税務処理に努めます。
【2月23日付朝日新聞

税金については同社在職中、地価税を担当しました。管財の先輩に教わりながら計算しましたが、来社した税吏の、ネチネチした態度にはワカゲノイタリながら腹が立ちました。
経理局には同期が3名配属されていました。優秀な連中で、大企業の会計を預かることの重要性を認識したものです。

本件は、それとは別の、目論見がはずれたり、上から目線で愚民を啓蒙しようとする記者が足元をすくわれたりした結果で、業務部門がいかに報われないかがこれまた再認識できます。
朝日新聞販売所従業員3人を強盗容疑で逮捕
 横須賀

 神奈川県警は1日、いずれも朝日新聞販売所汐入店の従業員、山崎健太(24)=横須賀市坂本町1丁目=、高橋正広(29)=同市汐入町2丁目=、高橋晋也(31)=同=の3容疑者を強盗の疑いで現行犯逮捕したと発表した。大筋で容疑を認めているという。

 田浦署によると、3人は1日午前2時半すぎ、横須賀市追浜町3丁目のアパート敷地内で、市内の大学生(20)を取り囲み、「金を出せ」などと言って顔を殴り、現金9千円入りの財布を奪った疑いがある。
 大学生は顔に全治約1週間のけがを負った。同署は容疑を強盗傷害に切り替え調べている。3人は当時、酒を飲んで酔っていたという。


 朝日新聞東京本社販売局の話 取引先の新聞販売所の従業員がこのような事件を起こしたことを重く受けとめています。
【1日付朝日新聞
以前にも書きましたが「取引先の新聞販売所」で世の中のどれくらいの購読者を騙せると思ってるのでしょうかね。
私は在職中、販売店に関する苦情受付の電話をとるべく休日出勤させられました。
単なる取引先のために本社社員がそこまで面倒見るわけないですわな。
いつも「重く受けとめています」とコメントする割には再発するのは、軽く受け流している証拠。
午前 会長来室。社内打合せ。
お昼 会長来室。
午後 来客。道庁。協会。ビッグイシュー大通地下販売ブースで販売者と懇談。帰社。
 
[PR]
by top_of_kaisya | 2009-03-04 18:29 | 社長の孤独な仕事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://syachou.exblog.jp/tb/11021053
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。