【講演】 憲法市民講座 「現代日本の貧困と格差を考える」

ビンボーなのはボクのせい? というサブタイトルがついてます。
会場の教育文化会館小ホール、満席。
それほど講師の東大大学院准教授・本田由紀先生には集客力があるようで。前座の道新「ぼくらに、希望を」取材班・村山健編集委員が冒頭、自虐的にこぼしてました。

しかし私の目当ては、まさにこの道新。このシリーズ企画の難点は、昨年9月に書いております
講演ではそんな偏重の繰り返しもありましたが、連載中触れなかった経営者への理解も示してくれて、あら結構いいひとだったのね。

札幌弁護士会主催のこうした講演会には、昨年も参加しました。
市内の人権派弁護士の集まり、かとは思います。が、意外にも手伝わされている感をみなぎらせている弁護士先生もいらっしゃって、アンケートの受け取り方のゾンザイなこと。
それでこそ司法試験をくぐり抜けてきた成功者。ロースクールあがりと一緒にされては困る。
貧困ってのは人間の最低のライン。人間味を発揮したこの弁護士先生こそ、貧困に向き合っているといえましょう。きれいごとは言わない、襟の天秤バッジが輝きます。さすが。





「ニート」って言うな! (光文社新書) 本田 由紀 / 光文社


 
[PR]
by top_of_kaisya | 2009-01-28 21:28 | 読/見/観 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://syachou.exblog.jp/tb/10745320
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。