月曜日の動静/豊川稲荷参拝

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ【土曜日】
午前中、ビッグイシューの卸。お昼前に道新本社。昨日の夕刊に
勤労青少年ホーム 札幌でも存廃論議
なる記事が出ています。「レッツ」がニートや若者支援に役立っているけど施設の老朽化でどうなるか、という内容。
〆が、我がビッグイシューの誇る中島岳志准教授のコメント。

とはいえ、正直言って力の入っていないコメント。
だいたい「レッツ」について中島先生に語らすのもやや難でしょうに。
利用者の写真はカラー。夕刊にしては大きい扱い。でも内容の多くはこれまでの焼き直し。
それだけに、気になるのが「青年政策のあり方検討委員会」なる表記。
青年施策」だと読者センターに昨年、申し入れたにも関わらず、同じような間違い。
ということは、読者センターから記者に指摘事項が届いていないか、記者が聞いても相手にしなかったか、聞いたけど忘れたか。

読者センターは土曜は休みかと、記事を持参で直接本社を訪ねてみました。
土曜でも、受付も読者センターもやっているそうで。
受付嬢に誤字だとわかる資料を示して話すと、その場から読者センターに電話してくれました。
でもセンターでは埒が明かず。では、と受付嬢が編集に電話してくれます。
彼女、道新の受付嬢にありがちなツンケンした表情ですが、やることはテキパキ、センターにも編集にも同様にわかりやすく過不足無く、こちらの本意を伝えてくれます。

札幌圏のデスクと電話で話してみると、誤字なのは認めました。
が、これで訂正記事を出すかは、今は答えられないと。丁寧な対応で。

クレーマーやひまつぶしの粗探しのように思われるのもシャクなので、名刺を置いておきましたが、まぁクレーマーみたいなものでしょう。
ただ、言葉のひとつひとつを、毎回精査しながら答申書を作り上げてきた委員会メンバーと、その準備に奔走してくださった市教委の担当者方の労苦を思えば、委員会名称を間違えられたまま放置されるのは失礼を通り越して、侮辱。
これが食品問題なら、内部告発者の電話に対し然るべき対応をとらなかった役所のようなもの。
それを道新は徹底的に叩いたのだから、己の社内はどうなっているのか、を全社挙げて取り組んでみてもらいたいもの。笑い事ではなく。

午後、ホテルニューオータニ。市の教育委員長と安田文子さんというピアニストの演奏を聴きに。ポーランドやロシアで留学を積まれた方だそうです。

たっぷり3時間も最前列で聴かせていただき、満足。
一旦帰宅するほどでもない時間なので、ビッグイシュー大通地下販売ブースで販売者とダラダラ喋って時間つぶし。
それでもつぶしきれず、コスモのまんだらけへ。
たまに行くと、ここはおもろい。サブカルコーナーは40歳前後なら買いたくなるものが結構あります。
emoticon-0167-beer.gif
夜はススキノの奥の方、yinzuというお店で中学の同級生たちと食事

【日曜日】
夜、豊橋へ到着。
豊橋鉄道の新豊橋駅がきれいになっていて、以前の古びた駅舎が懐かしい。
予定より遅く着いたため、いつも立ち寄る鈴木珈琲店ではゆっくりできず。
午前 豊川稲荷参拝
お昼 豊橋へ戻り、豊橋南ロータリークラブの例会へ。
豊橋市長の講話を聴きます。フランクに名刺交換。
夕方 帰札。
 
[PR]
by top_of_kaisya | 2009-01-26 22:33 | 社長の孤独な仕事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://syachou.exblog.jp/tb/10726468
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。