火曜日の動静/昨日のビッグイシュー記事(朝日新聞)

脱ホームレス、10年ぶりの家 札幌・雑誌販売でお金貯め

 札幌市で10年間ホームレスだった志村孝市(たかし)さん(48)が11日、新しい部屋で人生の新たな一歩を踏み出した。自立の助けとなったのは、大通駅地下ブースでの雑誌販売だった。

 志村さんが市内の家を出たのは99年1月10日。ギャンブルによる借金で家賃を滞納し、勤め先の会社にもいられなくなった。居場所を探してたどり着いたのは札幌駅だった。
 最初の1、2年は着の身着のまま徘徊。冬の夜は雪のない狸小路のアーケードを歩き回り、昼間に地下街などで体を休めた。3年目からは支援団体「北海道の労働と福祉を考える会」の協力で炊き出しや散髪、健康診断も受けるようになったが、収入は拾った雑誌などを売った分だけで満足に食事も出来なかった。
 一昨年、札幌でも販売が始まったホームレス自立支援雑誌「ビッグイシューさっぽろ」の販売員になって「家を借りる」という目標ができた。定価300円のうち160円が収入となる。少しずつ貯金し、家賃が月2万5千円の部屋を契約した。
 今は札幌市の許可を得て大通駅地下コンコースで交代で働く。12月から3月までの試験販売だが、売り上げは路上の2~3倍。「この販売員をすることは、ホームレスを宣言しているということ。プライドが邪魔して出来ない人も多いけど、ちゃんと食事が出来る生活がしたかった」と志村さんは言う。
 もう少し早く部屋を借りることも出来たが、10年の節目にこだわった。最後の夜はネットカフェで体を休めた。「10年前はネットカフェも100円均一ショップも駅の地下街も、こんなに発展していなかった。長いような短いような10年だった」
 新居はロフト付きの8畳間。支援者が炊飯器や食器をくれた。「カセットコンロも買わないと」。10年ぶりの「わが家」で脚を伸ばした。
【昨日付 朝日新聞】
メディアが取り上げてくれることは、何よりのPR。
部屋を借りるのを自立とすれば、すでに前例があるのだけど、経緯をひもとくと記事にしづらい面があります。
かといって記事にしやすいようまとめると、粗が出ます。
たとえば記事中の”ホームレス自立支援雑誌「ビッグイシューさっぽろ」”。正確には”ホームレス自立支援雑誌「ビッグイシュー」”です。あるいは”ホームレス自立支援雑誌の受け皿団体「ビッグイシューさっぽろ」”。「ビッグイシューさっぽろ」副代表としてはやや気になるところ。
また、大通地下ブースを”12月から3月までの試験販売”とするのも、まだ試験期間中なのか、と。間違いではありませんが、昨冬も”試験販売”をしていることに触れなければ、今冬から始まった試験のようにとられかねません。
ことさらにブースでの利点を強調しているのも、記事の構成上仕方のないことなのでしょう。でも志村さんの励みは、本拠地・琴似のお客さん。くすみ書房の協力も外せません。
評価すべき点もあります。労福会との距離感を保ってくれたのは、記者の腕前。

なお、本人は「ホームレス10周年」をキャッチフレーズに掲げています(笑)にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ
早朝 座禅。出張のため金曜日休んで、連休挟んだので久しぶり。
午前 始業前来客、会長来室たびたび。病院。
午後 帰社。外出、帰社。顧問と出張打合せ。
 
[PR]
by top_of_kaisya | 2009-01-13 19:21 | 社長の孤独な仕事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://syachou.exblog.jp/tb/10593031
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。