火曜日の動静/識者と

松本建工、民事再生手続き
 負債135億円 建設業で最大規模

 住宅建設道内大手でジャスダック上場の「松本建工」(札幌市東区、松本節也社長)は15日、札幌地裁に民事再生法の適用を申請、開始決定を受けた。負債総額は約135億円で、東京商工リサーチによると道内の建設業では過去最大規模。東証1部上場の建築建材メーカー「ニチハ」(名古屋市)との間で、未完成を含む事業とグループ全体の従業員357人の引き継ぎを受ける方向で交渉を進めている。

【本日付 毎日新聞】
先週観た「ネットワーク」に企画を出し合う場面がありました。
テレビ番組のコーナーについてですので、思い付きの羅列です。
中に「今日のテロ」「今週の銀行強盗」という案が出ていました。
左翼系武装グループが襲撃する場面を撮影するというもの。
悪趣味ではありますが、「今週の○○」というコーナー作りは米国でも日本でも、70年代でも21世紀でも同じものなのだなぁ、と。

このところ大企業の人員削減ニュースが相次いでいます。
ソニーの1万6000人にもなればトップニュース。
相対的に小規模のため隠れてしまい、テレビのニュースでも扱われませんが、新聞経済面のベタ記事では、全国の地方中堅企業の人員整理がほぼ毎日伝えられています。

まさに「今日のリストラ」。
こんな嫌な連載は、嫌なものです。
でも新聞は、ここぞとばかりに連日、特集を組みます。
テレビは、解雇された派遣労働者のハローワークでの検索風景を追跡取材します。

「FPの家を見に行こう」のテレビCMが懐かしくなります。
同社の不振は、以前から噂されていました。
「今日の倒産」は、帝国データバンクのような業種ならリリースしてくれます。
にほんブログ村 経営ブログ 二代目社長へでもこんな嫌な連載は、やっぱり嫌なものです。
早朝 座禅。
まずいつもの方が端に座っている。次に私がひとり分おいて座る。次の方がそのひとり分の座布団に。私のもう一方の隣は、座布団が2枚重ねなので座る方が決まっている。つまり4人で広い部屋の1/4に固まって座ることに。

午前 常務と打合せ。会長来室。
午後 来客。営業部長、地理情報部長打合せ。計画書作成。

市役所で中小企業の現状について識者の方々と意見交換。
市当局も同席。でも発注部署じゃないので思い切って入札の問題点を指摘しました。
が、その識者氏「一般競争と指名競争とどう違うの?」
その辺の説明から。
「へぇ~抽選かぁ~それはまた大変なことになってるねぇ~」
決して悪気があっての様子には見えません。
が、識者として登場するからには、もう少し勉強してきてほしいもの。
建設業というのは中小企業の中でも大勢を占めているのだし、その中でも市発注業務に携わる企業は相当な数になる筈。
そんな業者が置かれている環境を「今初めて知りました」なんて顔をされると、教え甲斐があります。どっちが識者なんだか。
市長がそういう識者のアドバイスを受けてるから、行政がよくなるわけがない。

ついでに旅行代理店で明日のJRチケットを購入。おねぇさま要領悪い上、話を聞かない。
明日のチケットだと言ってるのに「いつのご乗車ですか?」「明日でよろしいですか?」を繰り返す。
識者か。

そんな鬱憤を、ビッグイシュー大通地下販売ブースの販売者に聞いてもらう。
彼は彼で鬱憤があり、お互い言うだけ言って、聞かない。で、お互いスッキリ。識者だから。

夕方 帰社。
[PR]
by top_of_kaisya | 2008-12-16 20:12 | 社長の孤独な仕事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://syachou.exblog.jp/tb/10349743
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。