金曜日の動静/昨晩の続き

酒は飲め飲め~酒がすすむ民謡ベスト 民謡 / キングレコード昨晩の席、酒が入ってからは結構言いたい放題が始まった。
話題提供が私に振られる。市政といえば昨今の入札改悪。
談合防止は必要だが、1つの入札に80社も参加する実情は明らかに行き過ぎている。
そう話し始めたら、酔っ払った某社長が「そんなの民間では当たり前だ!」と叫び出した。

いち企業に対し、いちどきに80社も営業をかけることが当たり前のことかはさておき。
この「民間では当たり前」というフレーズは、ひとり歩きしている。
主に行政改革推進なんたら委員とかいう、ひとかどの財界人・評論家らが上から目線で「だから役所はダメなんだよ」とアドバイスする際の常套句。それをマスコミも多用する。

彼らは、公共事業を主とする企業に「民間にもシフトしなさい」と助言する。
だが、発注者を民間と役所に分けて考えること自体が正しいことなのか。
歯医者はコンビニよりも多いといわれる。では虫歯患者から痛風患者にシフトしなさいというのが適切なアドバイスかといえば、まぁこれは極論だけど。

例えば当社の航空レーザは、官公庁で利用いただいたいている。
もし民間でもご入用なら喜んでお手伝いする。
が、お花屋さんやコピー機の販売会社が市町村単位の広域3Dデータを数百万円出して欲しがらない。

逆に先述の「当たり前だ」と言った会社は、当社にも私個人にも営業に来たことがない。
私も当社も必要としない品物を扱っているので、当然。
必要ないモノを売りつけたりする最たるものが、リフォーム詐欺。

当社の技術や設備は、官公庁にとって使えるモノが揃っている。だから役所に営業に行く。
当社の持つノウハウや機械を提案する。実績を積んで信頼を得る。「次もおたくにやってもらえると助かるなぁ」と言わしめる

民間と役所の違いは※にある。いくら担当者が本心からそう思ってくれたとしても、実際にそれをやっちゃったら官製談合。公正な入札を経なければならない。
入札は、金額の一発勝負。少しでも安く提示した会社が請け負う。その会社の仕事が粗雑だろうと、その会社にしか仕事を出せない。

民間なら、技術力や担当者のケアが優れていれば、多少安い額を提示する会社が他に営業に来ても、任意で選べる。稟議書を回して上役が納得すれば、安かろう悪かろうは排除できる。

営業努力が実るのは民間であり、やりがいがないのは役所、とも言える。
公共事業では、どんなにがんばってもダンピングでかっさらわれる危険性がつきまとう。
担当者に技術提案を持って近付けば「癒着」と疑われ、業者が廊下で立ち話すれば「談合」。
最低応札額が複数社あれば、抽選。そこでは営業努力も技術力も評価されない、ただのくじ運(しかも麻雀のツモのような念力も使えぬ電子的な抽選)。
民間相手の方がよほど楽。

Winny指南ノ書―使い方からウイルス対策までわかりやすく解説 (アスペクトムック)アスペクトなのに何故役所の仕事にこだわるのは、そこに仕事があるから。
当社の技術力に代価を払ってくれる顧客だから。
顧客に民間も役所も関係ない。
世間のイメージほど公共事業にウマミはもう無い。

こうした実態は、マスコミは伝えない。
いつまで経っても昔の情報が定着したまま。
一線の経営者さえ洗脳されている。
誤った情報を蔓延させる点で、新聞・テレビはWinnyよりもタチが悪い。

札幌市をよくするために札幌市民ができる仕事を、あえて安値で東京の業者に請け負わせることにどれほどの意味があるのか。
税収不足と嘆かれても、市内業者に仕事をさせないような施策では、税を納めたくても納められない。

相手の社長の「わかった!」でこの議論は終わった。どこまでわかったか、あの泥酔ぶりではわかったものではない。もしかしたら端から聞いていなかったかもしれない。にほんブログ村 経営ブログ 二代目社長へ

だから酔っ払い相手にまともな話はしたくない。
早朝 座禅。前半は、珍しく老師含めて3人。これまでで最低人数。
午前 辞令交付。幹部社員と次年度待遇交渉。営業部長と来週の打合せ。くたっとしてふわふわ気持ちいい♪フロッピー 豚のぬいぐるみ
午後 引き続き幹部社員と次年度待遇交渉。給油。帰社。来客。
  ロータリークラブの忘年会のようなもの(いのこ家)。
無菌豚なのでナマでも食べられるお店です。ここの副店長はソクラテスでご一緒した、そうです。私は気付きませんでしたが副店長が覚えてくれていて。嬉しいものです。
[PR]
by top_of_kaisya | 2008-11-28 21:38 | 社長の孤独な仕事 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://syachou.exblog.jp/tb/10218432
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 元損保担当 at 2008-11-29 19:10 x
>だから酔っ払い相手とまともな話はしたくない。
私も常々感じるところで共感します。
しかもこの手の酔っ払いは、極論をかまし、他人(社)を否定します。そしてほとんど忘れる。
PS.お久しぶりです、なかなかお会いできませんね。。
Commented by top_of_kaisya at 2008-11-30 15:15
どうもどうも。
いつの間にやらご無沙汰状態ですね~♪